安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 古代の日本と朝鮮

古代の日本と朝鮮 4

古代の日本と朝鮮

厳格な史料批判と実証的論証法、朝鮮史研究に多大な業績を残したその著作を集大成

著者 末松 保和
ジャンル 日本歴史 > 個人著作集
外国歴史
外国歴史 > 東洋史
シリーズ 著作集 > 末松保和朝鮮史著作集
出版年月日 1996/01/01
ISBN 9784642081641
判型・ページ数 A5・386ページ
定価 本体9,650円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

今日、伽耶史の再構想を必須の課題とする古代の対外関係史が見直されている。『任那興亡史』は語源学、歴史地理学などの先行業績を踏まえた名著として、『日本上代史管見』他の諸論考とともに今日的課題の出発点となる。

このページのトップへ