安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 柳田民俗学の継承と発展

柳田民俗学の継承と発展

その視点と方法

柳田民俗学の継承と発展

民俗学はどこへ向かうのか。柳田國男の民俗学の再評価、民俗学の方法論など多様な視点から総括。

著者 新谷 尚紀
ジャンル 民俗学
出版年月日 2005/03/01
ISBN 9784642081870
判型・ページ数 A5・500ページ
定価 本体12,000円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

民俗学はどこへ向かうのか。柳田國男の民俗学の再評価の必要性を説き、宮田登の民俗学、、民俗学の方法論、資料論、調査論など多様な視点から総括。それをもとに当屋制や両墓制など重要概念の再検証や、古文書・先祖書など文献史料の民俗学的活用法を具体的に提示。個別科学から総合科学へという大きな学問潮流の中で、日本民俗学の可能性を展望する。

このページのトップへ

関連書籍

民俗学とは何か

民俗学とは何か

「もう一つの歴史学」としての可能性を探る

著者:新谷 尚紀
 
民俗学を支えた人びと

民俗学を支えた人びと 15

史上の大先達と親しい学者描く日本民俗学史

著者:宮田 登
 
 
私説 柳田國男

私説 柳田國男

晩年の愛弟子が語る、知られざるエピソード

著者:櫻井 徳太郎
 
 

このページのトップへ