安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 宮座と墓制の歴史民俗

宮座と墓制の歴史民俗

宮座と墓制の歴史民俗

宮座をひきいる長老衆に焦点をあて、構成や機能を解明。長老衆と年齢秩序、葬送などを考察する。

著者 関沢 まゆみ
ジャンル 民俗学
出版年月日 2005/02/01
ISBN 9784642081887
判型・ページ数 A5・318ページ
定価 本体9,000円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

宮座をひきいる長老衆に焦点をあて、神主・当屋の新たな分類を試み、宮座の構成や機能を解明。また長老衆と年齢秩序、葬送・墓制や郷墓など行政村とは異なる地域のあり方を考察。宮座とは何か、その全体像に鋭く迫る。

このページのトップへ

関連書籍

墓と葬送のゆくえ

墓と葬送のゆくえ 391

新しい葬法の問題点を指摘し「埋葬」を問う

著者:森 謙二
 
墓と葬送の社会史

墓と葬送の社会史

社会を映し出す鏡「墓」の歴史を読み解く

著者:森 謙二
 
 
事典 墓の考古学

事典 墓の考古学

考古学的知見と発掘成果で、墓の歴史に迫る

著者:土生田 純之
 
葬儀と墓の現在

葬儀と墓の現在

「死者を弔うこと」とは何か。

 
 

このページのトップへ