安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 正倉院文書研究 10

正倉院文書研究 10

正倉院文書研究 10

諸領域から文書研究促進を図る。年1回刊行

著者 正倉院文書研究会
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 古文書学
シリーズ 雑誌 > 正倉院文書研究
出版年月日 2005/05/01
ISBN 9784642089302
判型・ページ数 B5・218ページ
定価 本体6,000円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

藤原「豊成」板殿・考―信楽買筑紫帥藤原殿板屋をめぐって―…岡藤良敬/文書行政における告朔解の意義…風間亜紀子/東大寺開田図の整理過程と模写…新井重行/千部法華経の写経事業(上)…栄原永遠男/唐櫃蓋貼紙(玻璃装仮整理文書断片の内)(口絵解説)…飯田剛彦/正倉院文書関係文献目録(4)…栄原永遠男/口絵=唐櫃蓋貼紙(表裏)

このページのトップへ

内容説明

正倉院文書は奈良の正倉院に伝来した文書群で、政治法制・社会経済から諸文化におよぶ内容は、奈良時代史研究に不可欠な史料である。本書は、諸領域からの文書研究の促進を図る正倉院文書研究会による待望の論文集。

このページのトップへ

関連書籍

正倉院文書研究 15

正倉院文書研究 15

諸領域から文書研究促進を図る。年1回刊行

著者:正倉院文書研究会 編集
 
正倉院文書研究 14

正倉院文書研究 14

諸領域から文書研究促進を図る。年1回刊行

著者:正倉院文書研究会 編集
 
 
正倉院文書研究 13

正倉院文書研究 13

諸領域から文書研究促進を図る。年1回刊行

 
正倉院文書と古代中世史料の研究

正倉院文書と古代中世史料の研究

学界に多大な貢献をなした著者の足跡を集成

著者:皆川 完一
 
 
正倉院文書研究 12

正倉院文書研究 12

諸領域から文書研究促進を図る。年1回刊行

 
正倉院文書研究 11

正倉院文書研究 11

諸領域から文書研究促進を図る。年1回刊行

 
 

このページのトップへ