安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 新耽奇会図録

新耽奇会図録 別冊

新耽奇会図録

明治大正の趣味人たちによる珍品器物の集録

ジャンル 国語・国文学
シリーズ 史料・史料集 > 続日本随筆大成
出版年月日 1998/01/01
ISBN 9784642090841
判型・ページ数 菊判・788ページ
定価 本体40,000円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

江戸時代の曲亭馬琴や山崎美成らが興した耽奇会にならい、内田魯庵・三村竹清ら、明治・大正の好古・好事家もまた、書画・器財などの珍品器物を持寄り、展覧批評した。それらを集録し、冊子としたのが「新耽奇会図録」である。「耽奇漫録」の姉妹編として識者・好事家の注目を集める。影写されたものは、いまでは容易に見出し難い、貴重な資料である。初の影印復刻。 〈解題付載〉

このページのトップへ

関連書籍

江戸の文人サロン

江戸の文人サロン 278

寄り合いに集う知識人の交遊と風雅の世界

著者:揖斐 高
 
 

このページのトップへ