安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本考古学 19号

日本考古学 19号

日本考古学 19号

日本考古学の成果を発表する場となるものであり、海外の学界との交流にも基本的文献として送付

著者 日本考古学協会
ジャンル 考古学
考古学 > 年報・雑誌
シリーズ 考古学 > 日本考古学
雑誌 > 日本考古学
出版年月日 2005/05/01
ISBN 9784642090940
判型・ページ数 A4・162ページ
定価 本体4,000円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

〈論文〉階層化社会と亀ヶ岡文化の墓―東北地方北部における縄文時代晩期の墓―…金子昭彦/国分寺瓦屋と瓦陶兼業窯…梶原義実/中世近江における寺院集落の諸様相…前川 要/人面・土偶装飾付深鉢形土器の基礎的研究(追補2)…吉本洋子・渡辺 誠/〈研究ノート〉立柱祭祀の史的研究―立柱遺構と神樹信仰の淵源をさぐる―…植田文雄/〈発掘調査概要〉公州丹芝里横穴墓群発掘調査概報…池?周/大日山35号墳の調査成果…藤井幸司/守護の城、置塩城跡の発掘調査成果について…山上雅弘/〈書評〉臼杵勲著『鉄器時代の東北アジア』…木山克彦

このページのトップへ

内容説明

日本考古学協会は、昭和23(1948)年に創立され、爾来わが国考古学界の中心的存在として活動してきたが、この度『日本考古学年報』に加えて研究論文、研究ノートを主体とする機関誌を創刊した。本誌は、日本考古学の成果を発表する場となるものであり、海外の学界との交流にも基本的文献として送付するものである。広く考古学に関心を寄せる読者に、定期購読をお勧めする。

このページのトップへ

関連書籍

日本考古学 33号

日本考古学 33号

研究論文、研究ノートを主体とする機関誌

著者:日本考古学協会
 
日本考古学 32号

日本考古学 32号

研究論文、研究ノートを主体とする機関誌

著者:日本考古学協会 編集
 
 
日本考古学 31号

日本考古学 31号

研究論文、研究ノートを主体とする機関誌

著者:日本考古学協会
 
日本考古学 30号

日本考古学 30号

研究論文、研究ノートを主体とする機関誌

著者:日本考古学協会
 
 
日本考古学 29号

日本考古学 29号

研究論文、研究ノートを主体とする機関誌

著者:日本考古学協会
 
日本考古学 28号

日本考古学 28号

研究論文、研究ノートを主体とする機関誌

著者:日本考古学協会
 
 
日本考古学 27号

日本考古学 27号

研究論文、研究ノートを主体とする機関誌

著者:日本考古学協会
 
 

このページのトップへ