安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 観世音寺 全5冊セット

観世音寺 全5冊セット

伽藍編 寺域編 遺物編1 遺物編2 考察編

観世音寺 全5冊セット

壮大な伽藍を持つ「府の大寺」。日本三戒壇のひとつ、観世音寺の全貌に迫る、大宰府史跡発掘調査報告書シリーズ!

ジャンル 考古学
出版年月日 2007/10/01
ISBN 9784642093095
判型・ページ数 A4・1706ページ
定価 本体70,000円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

伽藍編
Ⅰ 調査の経過
(1)はじめに
(2)調査経過
(3)調査組織
Ⅱ 位置と歴史的環境
Ⅲ 観世音寺研究史
Ⅳ 調査の記録方法と概要
(1)調査の記録方法
(2)調査の概要
Ⅴ 伽藍の調査
(1)塔
(2)金堂
(3)講堂
(4)南門
(5)中門
(6)回廊
(7)僧房
(8)戒壇院
(9)築地
Ⅵ 総括

寺域編
Ⅰ 調査の組織と経過
(1)はじめに
(2)調査経過
(3)調査組織
Ⅱ 調査の概要
(1)基本層序
(2)遺構の概要
Ⅲ 寺域の調査
(1)南辺域
(2)東辺域
(3)北辺域
(4)西

このページのトップへ

内容説明

天智天皇が母斉明天皇を弔うために、大宰府政庁の東に発願建立した、観世音寺。かつては日本三戒壇のひとつとして知られ、今日まで法燈が保たれる名刹の、一九七〇年から行われてきた発掘調査の正報告書。建立時期や規模・構造を解明する『伽藍編』、伽藍周辺域の調査成果『寺域編』、膨大な出土遺物を集約した『遺物編1・2』、調査研究の総括『考察編』からなる。

このページのトップへ

関連書籍

日本古代の寺院・官衙造営

日本古代の寺院・官衙造営

長屋王時代の地方政策を考古学から追究する

著者:須田 勉
 
 

このページのトップへ