安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 古墳時代の実像

古墳時代の実像

古墳時代の実像

東国・越・出雲など、「地方」から古墳時代に迫る

著者 土生田 純之
ジャンル 考古学
出版年月日 2008/05/01
ISBN 9784642093156
判型・ページ数 A5・296ページ
定価 本体9,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章=古墳時代観の諸相…土生田純之/第一章=吉備と大和…亀田修一/第二章=出雲の石棺式石室…角田徳幸/第三章=若狭・越地域における古墳時代の実相…入江文敏/第四章=古墳文化に見る古代東国の原像…白井久美子/第五章=古墳時代の東国経営…松尾昌彦/終章=古墳時代の実像…土生田純之

このページのトップへ

内容説明

現在の考古学界は、古墳時代を中央集権的、国家段階とみる見解が有力となりつつある。こうした畿内中心主義に陥らず、「地方」から古墳時代に迫るというコンセプトの下に集った気鋭の研究者たちの意欲的な論考を収録。吉備・出雲・若狭・越・東国など、各地域における古墳時代の実相と多様性を描き出し、行き過ぎた畿内中心主義に警鐘を鳴らす。

このページのトップへ

関連書籍

デジタル技術でせまる人物埴輪

デジタル技術でせまる人物埴輪

大迫力のデジタル画像で古代人の姿が蘇る

著者:城倉 正祥
 
古墳時代の生産と流通

古墳時代の生産と流通

遺物の素材・使用法を検討し技術伝播を追究

著者:和田 晴吾
 
 
倭国の形成と東北

倭国の形成と東北 2

古墳文化と続縄文文化が対峙した時代を描く

著者:藤沢 敦
 
藤原鎌足と阿武山古墳

藤原鎌足と阿武山古墳

貴重なX線写真から浮かぶ被葬者とその時代

 
 
東国から読み解く古墳時代

東国から読み解く古墳時代 394

上毛野地域を軸に時代の様相をリアルに再現

著者:若狭 徹
 
古墳時代の葬制と他界観

古墳時代の葬制と他界観

古墳づくりを含む葬送儀礼の実態!

著者:和田 晴吾
 
 
事典 墓の考古学

事典 墓の考古学

考古学的知見と発掘成果で、墓の歴史に迫る

著者:土生田 純之
 
古墳

古墳 319

なぜここまで巨大なのか。築造の背景に迫る

著者:土生田 純之
 
 
古墳時代の王権構造

古墳時代の王権構造

国家形成期の王権構造を考古資料から追究

著者:下垣 仁志
 
日本古代の陵墓

日本古代の陵墓

陵墓とは何であり、どう造営されたか。

著者:堀田 啓一
 
 

このページのトップへ