安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 奥州藤原氏

奥州藤原氏

その光と影

奥州藤原氏

かぎりないロマンが歴史を織りなす―みちのく平泉。金色の華麗のなかに今も眠る清衡・基衡・秀衡・泰衡らが理想としたものは何か。

著者 高橋 富雄
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化セレクション
出版年月日 2009/08/15
ISBN 9784642063531
判型・ページ数 4-6・292ページ
定価 本体2,100円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

奥州藤原氏の栄光と落日 Ⅰ その光と影 1 藤原氏の登場 2藤原三代と平泉 3 藤原氏の滅亡 4 藤原三代と中尊寺 *コラム 平泉の名優たち 平泉落城の一日 Ⅱ その権力を探る 1 藤原政権の権力構造 2 藤原氏と荘園 3 中尊寺領の歴史的性格 *コラム 藤原清衡の平泉移転時期 毛越寺のよみ方 Ⅲ 藤原氏とその周辺 1 『吾妻鏡』と平泉 2 『英雄義経』 *コラム 義経と弁慶 藤原氏の貢馬 あとがき 『奥州藤原氏‐その光と影』それから

このページのトップへ

内容説明

かぎりないロマンが歴史を織りなす―みちのく平泉。金色の華麗のなかに今も眠る奥州藤原氏四代。百年にわたる東北支配のなかで、清衡(きよひら)・基衡(もとひら)・秀衡(ひでひら)・泰衡(やすひら)らが理想としたものは何か。栄光と落日を詩情と熱情をこめて描く。

このページのトップへ

関連書籍

源 頼義

源 頼義 289

義家・頼朝へと続く河内源氏二代目の実像!

著者:元木 泰雄
 
前九年・後三年合戦と兵の時代

前九年・後三年合戦と兵の時代 5

“源氏史観”ではない新たな東北の古代史

著者:樋口 知志
 
 
平泉の光芒

平泉の光芒 1

中世東北の幕開け。シリーズ全5巻刊行開始

著者:柳原 敏昭
 
源義経と壇ノ浦

源義経と壇ノ浦

〝軍略家〟義経の戦いの秘密とは?

著者:前川 佳代
 
 
奥州藤原氏と平泉

奥州藤原氏と平泉

東北の風土とともに生きた4代の100年

著者:岡本 公樹
 
奥州藤原氏と柳之御所跡

奥州藤原氏と柳之御所跡

秀衡の館跡を検討し中世都市平泉を見直す

著者:平泉文化研究会
 
 
平泉と奥州道中

平泉と奥州道中 7

陸前北部の多彩な歴史と文化を再発見

 
東北の争乱と奥州合戦

東北の争乱と奥州合戦 5

東北と源氏の戦争の全貌に迫る

著者:関 幸彦
 
 
奥州藤原氏四代

奥州藤原氏四代

清衡以下四代の事蹟とその興亡の跡を解明

著者:高橋 富雄
 
平泉中尊寺

平泉中尊寺 59

中尊寺の歴史を斬新な視角から描写

著者:佐々木 邦世
 
 
源義家

源義家

武門の棟梁の威名天下に轟いた八幡太郎伝

著者:安田 元久
 
源義経

源義経

物語・伝説を排除し描き出された真実の姿

著者:渡辺 保
 
 
奥州藤原氏の時代

奥州藤原氏の時代

奥州藤原氏はいかにして栄華を極めたのか

著者:大石 直正
 
現代語訳 吾妻鏡 4

現代語訳 吾妻鏡 4

義経平泉に死す。頼朝奥州出陣。藤原氏滅ぶ

 
 

このページのトップへ