安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 景観史と歴史地理学

景観史と歴史地理学  新刊

景観史と歴史地理学

「景観史」とは、景観がもつ機能や役割をすくい取り歴史的空間を描く学問的営みである。様々なテーマから歴史地理学の可能性に挑む。

著者 金田 章裕
ジャンル 日本歴史
出版年月日 2018/03/28
ISBN 9784642046480
判型・ページ数 A5・422ページ
定価 本体11,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

景観史の視座…金田章裕/Ⅰ 景観史をたどる(古代美濃国本巣・席田両郡の景観復原の一齣―船来山南麓に屯倉の存在の可能性を探る…田島 公/境界表示としての?示の確立―中世荘園の景観史を考えるために…堀 健彦/地名「カリヤド」と渡河の景観―関東の事例から…青山宏夫)/Ⅱ 景観史の構造(中近世移行期における地域構造の変化と港町の景観―出羽酒田を事例として…山村亜希/港湾空間におけるボトルネック構造―水と陸との景観史試論…南出眞助/琵琶湖疏水を利用した山科区安朱の地泉庭園群の形成―もう一つの「植治の庭」の系譜…佐野静代)/Ⅲ 景観史と文化(「ところ富士」の誕生…門井直哉/屋島合戦の顕彰…上杉和央/昭和一〇年の朝鮮八景選定―コロニアル・ツーリズムの景観…米家泰作)/Ⅳ 景観史と現代(景観史と民俗地理学の接点―平戸島大志々伎集落を事例として…今里悟之/東日本大震災被災地の景観変遷と災害対策案…溝口常俊/OUVは何処にある?―世界遺産における文化的景観の評価を通じて…鈴木地平)/Ⅴ 景観史の交わり(景観史を振り返る…J・M ・パウエル/一八四八~一九一四年のフランスの景観における音楽堂のイコノグラフィ…アラン・R・H・ベイカー/オーストラリアの景観と金田章裕…デニス・ラムリー)

このページのトップへ

内容説明

歴史地理学において過去の景観を復原し、変化を追跡することは基礎的な作業である。ここで主張される「景観史」とは、ものいわぬ景観がもつ機能や役割をすくい取り、織り込まれた社会秩序や歴史の重みに留意して、歴史的空間を描く学問的営みである。編者に賛同する研究者による具体的な研究例や問題提起の論考を収め、歴史地理学の可能性に挑む。

このページのトップへ

関連書籍

古代・中世遺跡と歴史地理学

古代・中世遺跡と歴史地理学

遺跡の景観を歴史地理学からアプローチする

著者:金田 章裕
 
 
古代国家の土地計画

古代国家の土地計画

壮大な古代の土地プランの実態に迫る

著者:金田 章裕
 
古地図からみた古代日本

古地図からみた古代日本

地図から読む古代の行政・経済・社会

著者:金田 章裕
 
 
日本地図史

日本地図史

もう一つの言語としての地図の役割に迫る

 
古代地方寺院の造営と景観

古代地方寺院の造営と景観

地方社会のなかでの寺院の多様性を探る

著者:梶原 義実
 
 
失われた景観

失われた景観

景観保存運動に秘められた江戸時代を読む

著者:長谷川 成一
 
 

このページのトップへ