安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本古代木簡論

日本古代木簡論  新刊

日本古代木簡論

木簡の形態・出土地点や内容・書式・書風・素材を複合的に分析し、古代史研究に活かす方法を提示。律令時代の都城の様相などを描く。

著者 馬場 基
ジャンル 日本歴史 > 古代史
考古学
出版年月日 2018/05/25
ISBN 9784642046473
判型・ページ数 A5・360ページ
定価 本体9,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

木簡の位相(荷札と荷物のかたるもの/一行書きの隠岐国荷札/文献資料からみた古代の塩/二条大路出土京職進上木簡考/平城京の鼠/木簡を作る場面・使う場面・棄てる場面/補論 難読木簡釈読の実例)/木簡の作法(木簡の世界/木簡の作法と一〇〇年の理由/埼玉県稲荷山古墳出土鉄剣銘をめぐって/「木簡の作法」論から東アジア木簡学に迫るために/書写技術の伝播と日本文字文化の基層/日本古代木簡を中心にみた文字・文字筆記・身体技法/補論 資料学と史料学の境界―籾山明・佐藤信編『文献と遺物の境界―中国出土簡牘史料の生態的研究―』によせて―

このページのトップへ

内容説明

膨大に出土する木簡は古代社会を今に伝える。どのような場面でいかに作成・使用・廃棄されたのか。形態・出土地点や内容・書式・書風・素材などを複合的に分析し、古代史研究に活かす方法を提示。荷札のつけられる過程、塩の流通、進上される品、紙と木の使い分け、事務処理の方法などから、律令時代の都城の様相、行政運営の実態、人々の暮らしを描く。

このページのトップへ

関連書籍

古代地方木簡の研究

古代地方木簡の研究

正倉院文書などとの関係や文書行政を考察

著者:平川 南
 
古代木簡の研究

古代木簡の研究

木簡の史料的特質と研究方法を明らかにする

著者:今泉 隆雄
 
 
古代日本の都城と木簡

古代日本の都城と木簡

研究の現状と課題から新たな古代史像を構築

著者:寺崎 保広
 
長屋王家・二条大路木簡を読む

長屋王家・二条大路木簡を読む

王家の生活や社会の実像を解明する

 
 
木簡が語る古代史 上

木簡が語る古代史 上

木簡の歴史的意味を問い、構造や変遷を解明

 
木簡が語る古代史 下

木簡が語る古代史 下

古代国家の地域支配のありかたを読み解く

 
 
飛鳥藤原京木簡 1

飛鳥藤原京木簡 1

日本古代史研究の画期をなす第一級史料

 
飛鳥藤原京木簡 2

飛鳥藤原京木簡 2

藤原京木簡の正報告書。原寸大で完全復元

 
 
平城京木簡 1

平城京木簡 1

日本古代史研究に画期をなす第一級史料

 
平城京木簡 2

平城京木簡 2

日本古代史研究に画期をなす第一級史料

 
 
平城京木簡 3

平城京木簡 3

日本古代史研究に画期をなす第一級史料

 
韓国古代木簡の研究

韓国古代木簡の研究

東アジア文字文化の実像を捉え直す

著者:橋本 繁
 
 

このページのトップへ