安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 室町の平和

室町の平和 5

室町の平和

室町幕府の政治とは。足利義詮から義満、義教への権力を巡る駆け引きを解明。地域社会と民衆の活気を交え戦乱のなかった時代を描く。

著者 山田 邦明
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 日本中世の歴史 
出版年月日 2009/09/15
ISBN 9784642064057
判型・ページ数 4-6・284ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

足利将軍を中心とし、大名らにより支えられた室町幕府はどのようにして政治を推し進めていたのか。二代将軍義詮、「日本国王」義満、それを継いだ義持、さらに義教による専制まで、権力をめぐる駆け引きを明らかにする。 応仁の乱前夜までの大きな戦乱に見舞われることのなかった時代を、東アジアの動向を背景に、地域社会と民衆の活気を交えて描き出す。

【編集者の眼】
南北朝動乱と戦国時代に挟まれた室町時代は、著者の言うとおり一般的には印象の薄い時代といえよう。この時期に何があったのかということを即座に思い浮かべることは難しいかもしれない。歴史上で印象に残る事柄というのはやはり戦争のような大規模な事件や政変が多くを占めるだろう。本書で描かれる室町時代は、大規模な戦争や政変が比較的起こらなかったため、等閑視されがちであった。
しかし、足利義満(あしかがよしみつ)のように傑出した政治権力と個性を持った人物を輩出したのもこの時代であった。義満の建立した鹿苑寺金閣(ろくおんじきんかく)はそれを物語るものとして著名だろう。
また、この時代には、禅宗が興隆し、能のような芸能が創始されるなど、現代へとつながる文化が生み出されたりもしている。
激動の時代のみに歴史の魅力が現れるわけではないということを本書は教えてくれる。(雲)

このページのトップへ

関連書籍

室町幕府と東北の国人

室町幕府と東北の国人 3

国人の動向から読み解く、東北の室町社会

著者:白根 靖大
 
鎌倉府と室町幕府

鎌倉府と室町幕府 5

権力闘争の舞台、鎌倉府の実態に迫る!

著者:小国 浩寿
 
 
偽りの外交使節

偽りの外交使節 351

日朝国境海域のたくましい倭人たちの実像!

著者:橋本 雄
 
天下統一から鎖国へ

天下統一から鎖国へ 7

天下人登場! 信長から秀吉、そして家康へ

著者:堀 新
 
 
源平の内乱と公武政権

源平の内乱と公武政権 3

後白河院から執権政治へ、変革の時代を描く

著者:川合 康
 
元寇と南北朝の動乱

元寇と南北朝の動乱 4

モンゴル襲来に始まる動乱の時代を描き出す

著者:小林 一岳
 
 
戦国大名と一揆

戦国大名と一揆 6

戦国社会から信長・秀吉の天下統一へ

著者:池 享
 
院政と武士の登場

院政と武士の登場 2

院政の展開と武士の成長が織りなす世界

著者:福島 正樹
 
 
中世社会の成り立ち

中世社会の成り立ち 1

中世は「武士の世」だったのか?

著者:木村 茂光
 
足利義持

足利義持 253

動乱の狭間、平穏な時代築いた室町四代将軍

著者:伊藤 喜良
 
 
足利義満

足利義満

南北朝を合体し幕府の基礎を固めた権勢者伝

著者:臼井 信義
 
赤松円心・満祐

赤松円心・満祐

赤松一族興亡の歴史を描く

著者:高坂 好
 
 
一揆の時代

一揆の時代 11

人々を一揆に駆り立てたものは何か

著者:榎原 雅治
 
南北朝の動乱

南北朝の動乱 10

東アジアという文脈から長期の内乱を描く

著者:村井 章介
 
 

このページのトップへ