安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 自由民権運動の系譜

自由民権運動の系譜 281

近代日本の言論の力

自由民権運動の系譜

自由民権運動とは何か。メディアの役割、演説の力に注目。幕末から大正デモクラシーまで、立憲国家を追い求めた民権家の活動を描く。

著者 稲田 雅洋
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー
歴史文化ライブラリー > 近・現代史
出版年月日 2009/09/18
ISBN 9784642056816
判型・ページ数 4-6・200ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

立憲政体、民権家、言論活動―プロローグ/自由民権運動とその前史(自由民権運動のめざしたもの/自由民権運動以前)/自由民権運動の展開(自由民権家の誕生/政党の結成)/自由民権運動のその後(大同団結運動と初期議会/大正デモクラシーとその後)/民権運動の歴史的意義―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

自由民権運動とは何だったのか。幕末から大正デモクラシーまでの大きな流れの中で、憲法の制定や国会の開設を求めた運動の系譜を解明する。特に、民権運動を生業(なりわい)とした民権家たちが、新聞紙上や演説会で繰り広げた活動に注目。彼らが近代の国家・社会を変革する原動力としての言論活動を日本に定着させる上で果たした役割を浮かび上がらせる。

このページのトップへ

関連書籍

「主権国家」成立の内と外

「主権国家」成立の内と外 2

“近代国家”はいかに誕生したか?

著者:大日方 純夫
 
日本政党史

日本政党史

政党とは何か。その実態と本質を問い直す

 
 
中江兆民

中江兆民 223

”東洋のルソー”奇人の苦悩と生涯描く

著者:飛鳥井 雅道
 
自由民権と近代社会

自由民権と近代社会 22

伝統社会と近代化の間で揺れる民衆を照射

著者:新井 勝紘
 
 

このページのトップへ