安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 昭和戦前期の宮中勢力と政治

昭和戦前期の宮中勢力と政治

昭和戦前期の宮中勢力と政治

昭和天皇を支えた宮中勢力の「総意」が政局に与えた影響は? 輔弼の実態や内閣・軍部との関係を中心に解明し、天皇制の変遷を究明。

著者 茶谷 誠一
ジャンル 日本歴史 > 近現代史
出版年月日 2009/09/28
ISBN 9784642037921
判型・ページ数 A5・384ページ
定価 本体9,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序論=本書の課題と分析視/一九三〇年初期における立憲君主制再編の動向(昭和天皇の登場と牧野グループ輔導/浜口内閣期における立憲君主制再編への胎動/若槻内閣期における御前会議召集論/犬養内閣期における御前会議召集論)以下細目略/一九三〇年における枢密院改革の動き―枢密院事務規定改正問題をめぐる対立から―/国際連盟脱退の政治過程/宮中勢力の変容に関する考察―牧野グループの後退を中心に―/関屋貞三郎の政治思想と政治活動―牧野グループ理解への一考―/二・二六事件後の宮中勢力/宮相就任前後における松平常雄の政治的役割―日英外交への関与から―/日中戦争期の対外問題と宮中勢力の対応/木戸内大臣体制の確立とアジア太平洋戦争期の宮中勢力/結論

このページのトップへ

内容説明

昭和天皇即位からアジア太平洋戦争の敗戦まで、天皇を公私にわたり支えていた元老や宮中官僚=宮中勢力。その「総意」はどのように形成され、満州事変や二・二六事件などの政局にどう影響を与えたのか。輔(ほ)弼(ひつ)の実態や内閣・軍部との関係を中心に、宮中勢力の政治的機能の変化、政策決定過程への影響力を解明。明治憲法下の天皇制の変遷を明らかにする。

このページのトップへ

関連書籍

昭和期の内閣と戦争指導体制

昭和期の内閣と戦争指導体制

戦争の複雑性を追究し新見解を提唱する

著者:関口 哲矢
 
大元帥と皇族軍人 大正・昭和編

大元帥と皇族軍人 大正・昭和編 429

天皇と皇族軍人の同調と不和の構図を追う!

著者:小田部 雄次
 
 
戦時期日本の翼賛政治

戦時期日本の翼賛政治

政党と政府・議会の関係に注目し究明する

著者:官田 光史
 
近衛文麿

近衛文麿 282

人気取り政治家と言われてきた通説を見直す

著者:古川 隆久
 
 
内大臣の研究

内大臣の研究

「常侍輔弼」はいかなる変遷を遂げたのか

著者:松田 好史
 
牧野伸顕

牧野伸顕 276

昭和天皇の信任篤かった内大臣の生涯を描く

著者:茶谷 誠一
 
 
昭和天皇側近たちの戦争

昭和天皇側近たちの戦争 296

天皇の忠臣たちの目からみた戦争の昭和史

著者:茶谷 誠一
 
近代日本の転機 昭和・平成編

近代日本の転機 昭和・平成編

世界恐慌~地下鉄サリンまで32の転換点

著者:鳥海 靖
 
 
近代史必携

近代史必携

黒船~防衛省発足まで、近現代史を読み解く

 
事典 昭和戦前期の日本

事典 昭和戦前期の日本

昭和戦前期を理解する上での基礎知識を提供

著者:伊藤 隆
百瀬 孝
 
 

このページのトップへ