安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 幕藩制国家と東アジア世界

幕藩制国家と東アジア世界

幕藩制国家と東アジア世界

不安定な東アジア情勢下で、江戸幕府はどのような外交政策をとったのか。対外関係の窓口長崎にも注目し、複合的都市社会を考える。

著者 木村 直樹
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 近世史
出版年月日 2009/09/18
ISBN 9784642034418
判型・ページ数 A5・336ページ
定価 本体9,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章=近世対外関係史研究の課題/Ⅰ=十七世紀の東アジア世界と幕藩制国家(十七世紀中葉の幕藩制国家の異国船対策/宗門改役の成立過程/異国船紛争処理と幕藩制国家―一六六〇年代の東アジア海域を中心に―/十七世紀後半の幕藩権力と対外情報―一六七三年のリターン号事件をめぐって―/日蘭双方の史料から見えること―一六七三年の情報伝達を例に―)/Ⅱ=幕藩制国家の対外政策と長崎(長崎聞役以前―天野屋藤左衛門・左太郎親子をめぐって―/天明期の長崎支配/寛政二年貿易半減令の再検討―オランダ貿易の視点から―/十八世紀後半の佐賀藩と長崎都市社会/ティツィングの日本史理解とその受容―馬場文耕の著作物を中心に―/終章=本書のまとめと課題

このページのトップへ

内容説明

東アジア世界の不安定な情勢下、江戸幕府はどのような外交政策をとったのか。明から清への王朝交替や西欧諸国のアジア海域での競合、国内のキリシタン禁制など、複雑にからみあった政治的過程を解明。また、異国船が寄港する対外関係の窓口、長崎に注目。幕府から派遣された奉行や地役人による複合的な都市社会を、対外政策の展開とともに考える。

このページのトップへ

関連書籍

幕藩制国家の政治構造

幕藩制国家の政治構造

朝廷・藩との関係、社会の諸相などに迫る

著者:藤田 覚
 
長崎の唐人貿易

長崎の唐人貿易 6

江戸初期から幕末まで、貿易の実相を解説

著者:山脇 悌二郎
 
 
対外関係史辞典

対外関係史辞典

邪馬台国~幕末まで、2000余項目を網羅

 
対外関係史研究のあゆみ

対外関係史研究のあゆみ

新しい視座から対外関係史研究の歴史を総括

著者:田中 健夫
 
 
対外関係史総合年表

対外関係史総合年表

日本は世界とどう関わってきたか

 
 
江戸幕府と東アジア

江戸幕府と東アジア 14

グローバルな新視点から幕藩体制誕生に迫る

著者:荒野 泰典
 
 

このページのトップへ