安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 現代語訳 小右記 6

現代語訳 小右記 6  新刊

三条天皇の信任

現代語訳 小右記 6

眼病を発した三条天皇に道長らは退位を要求。実資は天皇に頼みとされるが彼には悩みの種であった。日記にも緊迫した情勢が記される。

著者 倉本 一宏
ジャンル 日本歴史 > 史料・史料集
シリーズ 現代語訳 小右記
出版年月日 2018/04/10
ISBN 9784642018210
判型・ページ数 4-6・366ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

長和2年(1013)7月―長和3年(1014)12月

このページのトップへ

内容説明

眼病を発(おこ)した三条天皇に対し、道長をはじめとする公卿層は退位を要求。天皇は実資を頼みとするが、養子資平の任官も考えなければならない実資にとっては悩みの種であった。日記にも緊迫した情勢が記される。

このページのトップへ

関連書籍

現代語訳 小右記 7

現代語訳 小右記 7

後一条天皇が即位。道長は外祖父摂政に就く

著者:倉本 一宏
 
現代語訳 小右記 5

現代語訳 小右記 5

実資は紫式部の取り次ぎで彰子と接触する

著者:倉本 一宏
 
 
現代語訳 小右記 4

現代語訳 小右記 4

一条天皇崩御。実資と道長に新時代が訪れる

著者:倉本 一宏
 
現代語訳 小右記 3

現代語訳 小右記 3

伊周は左遷。実資は天皇と道長の動きを記録

著者:倉本 一宏
 
 
現代語訳 小右記 2

現代語訳 小右記 2

実資は公卿に上る。政権の座は道長の手へ

著者:倉本 一宏
 
現代語訳 小右記 1

現代語訳 小右記 1

藤原実資が綴った日記。平安宮廷社会が甦る

著者:倉本 一宏
 
 
藤原道長

藤原道長 250

摂関政治全盛を築いた公卿の傑出した生涯

著者:山中 裕
 
一条天皇

一条天皇 236

藤原摂関家と協調し、王朝文化を開いた実像

著者:倉本 一宏
 
 
紫式部

紫式部

王朝ロマンの最高峰『源氏物語』作者の生涯

著者:今井 源衛
 
清少納言

清少納言

枕草子の著者。学識と機智に富む稀代の才女

著者:岸上 慎二
 
 

このページのトップへ