安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 埋葬からみた古墳時代

埋葬からみた古墳時代 465 新刊

女性・親族・王権

埋葬からみた古墳時代

古墳群の発掘成果から埋葬ルール(埋葬原理)を抽出し、女性首長の活躍や王位継承のあり方を分析。「王朝交替論」にも一石を投じる。

著者 清家 章
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 考古学
出版年月日 2018/04/18
ISBN 9784642058650
判型・ページ数 4-6・284ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

女性首長の墓が語るもの―プロローグ/埋葬原理研究のこれまで(古墳の被葬者は何人か/用語と定義/田中良之の基本モデルと課題)/一般層の埋葬原理(人骨の分析による埋葬原理/考古資料の分析による埋葬原理/夫婦原理の埋葬)/首長墳の埋葬原理(首長墳におけるキョウダイ原理/古墳群にみる父系化の過程/父系化の諸段階とその背景/キョウダイ原理の埋葬と首長位継承)/大王墓の埋葬原理(大王墓の複数埋葬/大王陵における埋葬原理/大王墓における夫婦原理の埋葬)/埋葬原理研究から見た「王朝交替論」(「王朝交替論」をめぐる研究略史/初期ヤマト政権は連合政権か?/過渡期の大型古墳/王墓群移動が意味するもの/王族はさらに分派する)/埋葬原理の意味するもの―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

男女の地位に違いがなかった双系的社会から父系的社会へ移行する中で、古代の女性首長たちは、どのような活躍をしていたのか。関東から九州に至る数多くの古墳群の発掘成果(埋葬施設・副葬品・人骨の性別)から埋葬のルール(埋葬原理)を抽出。古墳時代の親族や首長を問い、王位継承のあり方を分析する。「王朝交替論」についても一石を投じる。

このページのトップへ

関連書籍

現代日本の葬送と墓制

現代日本の葬送と墓制

21世紀の死者のゆくえを展望する

著者:鈴木 岩弓
森 謙二
 
事典 墓の考古学

事典 墓の考古学

考古学的知見と発掘成果で、墓の歴史に迫る

著者:土生田 純之
 
 
古墳時代の葬制と他界観

古墳時代の葬制と他界観

古墳づくりを含む葬送儀礼の実態!

著者:和田 晴吾
 
古墳

古墳 319

なぜここまで巨大なのか。築造の背景に迫る

著者:土生田 純之
 
 
古墳時代の実像

古墳時代の実像

東国・越・出雲など地方から古墳時代に迫る

著者:土生田 純之
 
古墳時代の王権構造

古墳時代の王権構造

国家形成期の王権構造を考古資料から追究

著者:下垣 仁志
 
 
古代豪族葛城氏と大古墳

古代豪族葛城氏と大古墳

畿内の最有力豪族の実態を考古資料から描く

著者:小笠原 好彦
 
東国から読み解く古墳時代

東国から読み解く古墳時代 394

上毛野地域を軸に時代の様相をリアルに再現

著者:若狭 徹
 
 
藤原鎌足と阿武山古墳

藤原鎌足と阿武山古墳

貴重なX線写真から浮かぶ被葬者とその時代

 
高松塚・キトラ古墳の謎

高松塚・キトラ古墳の謎 306

中国との比較から、両古墳の謎に迫る!

著者:山本 忠尚
 
 
邪馬台国と安満宮山古墳

邪馬台国と安満宮山古墳

発見された青銅鏡から邪馬台国の謎に迫る

 
古代を考える 終末期古墳と古代国家

古代を考える 終末期古墳と古代国家

古代国家の誕生と古墳消滅の謎に迫る

著者:白石 太一郎
 
 
巨大古墳と古代国家

巨大古墳と古代国家

古墳はいつ、どこで、どのように発生したか

著者:丸山 竜平
 
古墳時代の政治と社会

古墳時代の政治と社会

墳墓の展開と渡来文化を探り国家形成を解明

著者:土生田 純之
 
 
終末期古墳と横口式石槨

終末期古墳と横口式石槨

仏教文化と古墳終焉から探る古代国家の成立

著者:山本 彰
 
 

このページのトップへ