安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 中世の荘園経営と惣村

中世の荘園経営と惣村  新刊

中世の荘園経営と惣村

土地の収益や金銭の出納など、帳簿データから経営実態に迫り、荘園・惣村の地理・領域的な構造を解明。社会構造の変容を究明する。

著者 似鳥 雄一
ジャンル 日本歴史 > 中世史
出版年月日 2018/04/24
ISBN 9784642029452
判型・ページ数 A5・390ページ
定価 本体11,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章 荘園・村落研究の現在/中世の荘園経営(下地中分と荘園経営―備中国新見荘を中心に/下地中分後の室町期荘園―備中国新見荘地頭職・地頭方と新見氏/備中国新見荘にみる名の特質と在地の様相/中世山間荘園の水田開発―備中国新見荘の帳簿分析から/南北朝~室町期の代官契約と荘園経営―備中国新見荘と東寺領荘園/二人の代官による荘園の分割支配―備中国新見荘地頭方の事例から)/中世惣村の実態(中世惣村と領主権力―紀伊国鞆淵荘と高野山支配/中世惣村の実態と変容―紀伊国鞆淵荘の正長帳・天正帳の分析/戦国期惣村の生産・商業・財政―菅浦と浅井氏・竹生島/戦国大名の惣村支配―菅浦の「自検断」と撰銭令)/終章 変容する中世の社会構造

このページのトップへ

内容説明

室町期に再編された荘園制は、遠隔地からの支配という構造的課題にいかに対峙したのか。備中国新見荘・紀伊国鞆淵荘・近江国菅浦を事例に、土地からの収益や金銭・物資の出納など、膨大な帳簿データを計量的に分析して経営の実態に迫る一方、荘園・惣村の地理的かつ領域的な構造を解明。近世社会をも視野に、中世の社会構造の変容を究明する意欲作。

このページのトップへ

関連書籍

中世荘園村落の環境歴史学

中世荘園村落の環境歴史学

荘園が城下町形成に向かう持続性を分析する

著者:海老澤 衷
 
荘園

荘園 57

全史を大胆かつ平易に描いた荘園史の決定版

著者:永原 慶二
 
 
日本荘園史大辞典

日本荘園史大辞典

荘園のすべてを一冊に集大成

著者:瀬野 精一郎
 
平家政権と荘園制

平家政権と荘園制

平家領の形成過程や領有構造などを分析する

著者:前田 英之
 
 
中世荘園と検注

中世荘園と検注

中世世界を斬新な視角から挑む書下ろし力作

著者:富澤 清人
 
中世惣村史の構造

中世惣村史の構造

農民闘争・灌漑・宮座、3つの視点で論じる

著者:黒田 弘子
 
 
中世 村の歴史語り

中世 村の歴史語り

「共和国」を夢見た湖国の中世

著者:蔵持 重裕
 
荘園の解体

荘園の解体 4

最新の調査研究の成果を集成した画期的講座

 
 
近畿地方の荘園 Ⅱ

近畿地方の荘園 Ⅱ 7

最新の調査研究の成果を集成した画期的講座

 
北陸地方の荘園・近畿地方の荘園 Ⅰ

北陸地方の荘園・近畿地方の荘園 Ⅰ 6

最新の調査研究の成果を集成した画期的講座

 
 
近畿地方の荘園 Ⅲ

近畿地方の荘園 Ⅲ 8

最新の調査研究の成果を集成した画期的講座

 
中国地方の荘園

中国地方の荘園 9

最新の調査研究の成果を集成した画期的講座

 
 
荘園入門

荘園入門 1

最新の調査研究の成果を集成した画期的講座

 
 

このページのトップへ