安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 飢餓と戦争の戦国を行く

飢餓と戦争の戦国を行く  新刊

飢餓と戦争の戦国を行く

中世社会を襲う旱魃・疫病などの災害。略奪や殺害の戦争被害。その実態を克明に探り、民衆に焦点をあてた豊かな歴史像を提示する。

著者 藤木 久志
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 読みなおす日本史
出版年月日 2018/05/16
ISBN 9784642067638
判型・ページ数 4-6・264ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はしがき/中世の生命維持の習俗(飢饉奴隷の習俗―飢饉のときの人の売り買い/飢饉出挙の習俗―泰時伝説の裏に/自然享有の習俗―山野河海の開放/田麦の習俗―二毛作の裏に)/応仁の乱の底流に生きる―飢饉難民・徳政一揆・足軽たち(首都を目ざす飢饉難民/首都に迫る徳政一揆/首都を襲う足軽)/戦場の村(飢餓の戦場/村の制札、村の避難所/武装する村・一揆する村/凶作と戦禍を生き抜く)/村の武力と傭兵(ある村の乱世―駿河の『大平年代記』から/村の禁制と手柄/武装する被差別民/近世の村の武力像)/九州戦場の戦争と平和(九州の平和から日本の平和へ/奴隷狩り・疫病・飢餓/武装し自衛する戦場の村/大名滅亡の惨禍)/中世の女性たちの戦場(はじめに―戦争と女性をどうみるか/中世戦場の女性論によせて/戦場の女性の奴隷狩り/戦場の城に籠る女性たち/奪われた女性たちの行方)/飢饉出挙の伝承―北条泰時伝・断章/「人間史」の構想―藤木久志の学問…清水克行

このページのトップへ

内容説明

中世社会を頻繁に襲う旱魃(かんばつ)・長雨・飢饉・疫病などの災害。さらに物資・人員の略奪や殺害などの戦争被害。過酷な環境で人々はいかに生き抜いたのか。実態を克明に探り、民衆に焦点をあてた豊かな歴史像を提示する。

このページのトップへ

関連書籍

大飢饉、室町社会を襲う!

大飢饉、室町社会を襲う! 258

飢餓と飽食の残酷な構造を抉り出し時代描く

著者:清水 克行
 
中世 災害・戦乱の社会史

中世 災害・戦乱の社会史

災害と紛争・戦乱との密接な関係に迫る!

著者:峰岸 純夫
 
 
山城国一揆と戦国社会

山城国一揆と戦国社会 357

国一揆から読み解く戦国社会の実態

著者:川岡 勉
 
戦国大名と一揆

戦国大名と一揆 6

戦国社会から信長・秀吉の天下統一へ

著者:池 享
 
 
土一揆の時代

土一揆の時代 181

土一揆は村民の抵抗運動だったのか

著者:神田 千里
 
一揆の時代

一揆の時代 11

人々を一揆に駆り立てたものは何か

著者:榎原 雅治
 
 
日本災害史

日本災害史

人々はいかに災害を乗り越えてきたのか?

著者:北原 糸子
 
日本歴史災害事典

日本歴史災害事典

貞観年間~東日本大震災。最新成果を結集

 
 

このページのトップへ