安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 古代の神社と神職

古代の神社と神職 467 新刊

神をまつる人びと

古代の神社と神職

立地や社殿に注目し神社の重要性を解明。神職の務めや平安朝廷の神職制度で生まれた神社の共通性から、神社と神職のあり方を考える。

著者 加瀬 直弥
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
宗教史 > 神道
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 古代史
出版年月日 2018/05/18
ISBN 9784642058674
判型・ページ数 4-6・236ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

多様なる古代の神社と共通する神職の姿勢―プロローグ/古代神社の立地と社殿の役割(山の神社の立地/田の神社の立地/水の神/伊勢大神宮の立地/社殿を作ることの意味/伊勢大神宮式年遷宮)/平安時代前期の神社とその維持(朝廷による社殿造営/奈良時代の神社維持/平安時代初期の神社維持の制度改革/神職たちによる社殿維持の実態)/古代神職の職掌(祝部とそのつとめ/氏族のまつりと神主/神宮司とは)/笏と神職(神職把笏のはじまりとその背景/神階と神職把笏/把笏抑制とその影響)/古代神社の女性神職(神の意を受ける女性/神近くに仕える担い手の女性とその制度)/神社と神職にとっての転機―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

古代の人々は、自然災害などの脅威の背後に神の存在を見ていた。伊勢神宮・大神(おおみわ)神社・住吉大社・出雲大社など、各地の神社の立地や社殿からその役割を解明。また平安前期までのまつりに注目し、神へのことばや儀式次第だけでなく、神職の持つ「笏(しゃく)」や古代の女性神職にも言及。神社のあり方やまつりに関わる神主・禰宜(ねぎ)・祝(はふり)ら神職の実態に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

日本神道史

日本神道史

今も人々の生活に息づく神道の世界を解明

著者:岡田 荘司
 
平安時代の神社と神職

平安時代の神社と神職

神職の実態を探り社会に果した役割を解明

著者:加瀬 直弥
 
 
古代の神社と祭り

古代の神社と祭り 111

謎多き古代の神社と神祭りの世界に迫る

著者:三宅 和朗
 
事典 神社の歴史と祭り

事典 神社の歴史と祭り

厳選した60社が映し出す人々の営みと信仰

著者:岡田 荘司
笹生 衛
 
 
神社の本殿

神社の本殿 362

神社本殿の謎を解き明かした、初めての書

著者:三浦 正幸
 
戦没者合祀と靖国神社

戦没者合祀と靖国神社

誰が祀られ、誰が祀られなかったのか

著者:赤澤 史朗
 
 
靖国神社と幕末維新の祭神たち

靖国神社と幕末維新の祭神たち

祭神となった幕末志士たちの物語

著者:吉原 康和
 
神道史大辞典

神道史大辞典

日本人の心の原点“神道”の姿とは

著者:薗田 稔
橋本 政宣
 
 

このページのトップへ