安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > アジア・太平洋戦争と石油

アジア・太平洋戦争と石油  新刊

戦備・戦略・対外政策

アジア・太平洋戦争と石油

日本の資源を総動員したアジア・太平洋戦争。国外との輸入交渉、真珠湾攻撃での洋上給油作戦など、総力戦の実態と末路を解明する。

著者 岩間 敏
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
出版年月日 2018/05/25
ISBN 9784642038768
判型・ページ数 A5・200ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はじめに/日米開戦前の日本の戦備(日中戦争と日米対立/海軍最初の石油の需給見通し/日本海軍の勝算)/真珠湾攻撃(真珠湾攻撃の発想と先例/米国の戦争準備/真珠湾攻撃の作戦案/航続距離延長の油槽艦隊/順調な洋上補給/真珠湾攻撃―見逃された油槽群と工廠/全滅した作戦参加艦船/第二次真珠湾攻撃)/「日蘭会商」から石油禁輸へ(アジア・太平洋戦争の前哨戦/日本の南進と陸軍の南方作戦計画/「日蘭会商」の開始/交渉の目的/日本軍の北部仏印進駐/日蘭印激突/芳沢団長のバタビア到着/「日蘭会商」の意味)以下細目略/南部仏印進駐と米国の対日石油禁輸/世界最初の戦略石油備蓄/海上護衛という隘路/総力戦分析の封印/空襲と国内製油施設の崩壊/終章 石油から見る総力戦の末路

このページのトップへ

内容説明

石油に乏しい日本は、なぜアジア・太平洋戦争に踏み切ったのか。蘭領東インドとの輸入交渉、真珠湾攻撃での洋上給油作戦、石油備蓄と需給の予測、南方からの石油輸送と海上護衛戦の実態、本土空襲と製油工場の被害などを考察。石油のほか艦船・航空機など戦備に関する豊富なデータをもとに、あらゆる資源を動員した総力戦の実態と末路を解明する。

このページのトップへ

関連書籍

アジア・太平洋戦争

アジア・太平洋戦争 23

なぜアメリカとの無謀な戦争に突入したか

著者:吉田 裕
森 茂樹
 
アジア・太平洋戦争辞典

アジア・太平洋戦争辞典

戦後70年。あの戦争とは何だったのか?

 
 
総力戦のなかの日本政治

総力戦のなかの日本政治 6

総力戦の時代とは何だったのか?

著者:源川 真希
 
帝国日本と総力戦体制

帝国日本と総力戦体制

高度成長はあの戦争の業火の中から誕生した

著者:小林 英夫
 
 
日本海軍史の研究

日本海軍史の研究

海軍の日本的体質はいかに養われたのか

著者:海軍史研究会
 
日本海軍史

日本海軍史

海戦の戦術などを分析し80年の歴史を描く

著者:外山 三郎
 
 
大本営

大本営

天皇直属の最高統帥機関。その実態に迫る!

著者:森松 俊夫
 
幕僚たちの真珠湾

幕僚たちの真珠湾

彼らはなぜ無謀な戦争に踏み切ったのか?

著者:波多野 澄雄
 
 
海軍将校たちの太平洋戦争

海軍将校たちの太平洋戦争 383

敗戦に何を学ぶか? 組織のあり方を考える

著者:手嶋 泰伸
 
昭和史をさぐる

昭和史をさぐる

一次史料で読む昭和史のターニングポイント

著者:伊藤 隆
 
 
昭和天皇側近たちの戦争

昭和天皇側近たちの戦争 296

天皇の忠臣たちの目からみた戦争の昭和史

著者:茶谷 誠一
 
「昭和天皇実録」講義

「昭和天皇実録」講義

出生から逝去まで、要点をわかりやすく解説

 
 
戦前期日本と東南アジア

戦前期日本と東南アジア

日本帝国主義の特質と展開過程を解明する

著者:安達 宏昭
 
「大東亜共栄圏」の経済構想

「大東亜共栄圏」の経済構想

審議会の答申と作成過程を分析し実態を解明

著者:安達 宏昭
 
 
昭和戦時期の海軍と政治

昭和戦時期の海軍と政治

対米戦開始、終戦決定に果たした役割を探る

著者:手嶋 泰伸
 
昭和期の内閣と戦争指導体制

昭和期の内閣と戦争指導体制

戦争の複雑性を追究し新見解を提唱する

著者:関口 哲矢
 
 
Q&Aで読む日本軍事入門

Q&Aで読む日本軍事入門

日本の平和と安全を考えるための格好の手引

 
日本軍事史年表

日本軍事史年表

約5000の項目から、戦争と平和を学ぶ!

 
 
日本軍事史

日本軍事史

戦争を支えたシステムを詳述した初の通史

 
 

このページのトップへ