安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 古代国府の成立と国郡制

古代国府の成立と国郡制  新刊

古代国府の成立と国郡制

地域支配の舞台装置として機能した地方官衙はいかに形成されたか。各地の遺跡を考古学的に分析。律令制下地方統治の実態に迫る。

著者 大橋 泰夫
ジャンル 日本歴史 > 古代史
考古学
出版年月日 2018/06/01
ISBN 9784642046497
判型・ページ数 A5・254ページ
定価 本体9,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章 国府成立をめぐる諸問題/各地における国府の検討(東海道/東山道/北陸道/山陰道/山陽道/南海道/西海道)/国庁の構造(政庁と長舎/長舎を用いた政庁の成立/7世紀以降の大極殿院・朝堂院/長舎を多用した政庁から定型化国庁へ/国庁・郡庁の祖型/長舎の出現と政庁建物の構造/国庁と駅家)/国府事例の検討(出雲国府成立と出雲国の形成/常陸国府と台渡里官衙遺跡群の成立/下野国府成立と下野国の形成)/国府成立の総括的検討(国庁・国衙の成立と存続期間/郡衙代用説・国司館代用説の検討/国庁の成立/瓦葺建物からみた国府の整備/国府成立と前身官衙/文献・出土文字資料と国府成立)以下細目略/付論1 地方官衙と方位/付論2 地方官衙成立期の瓦葺建物/結語 国府成立と国郡制

このページのトップへ

内容説明

日本の古代国家は、国郡制によって在地社会の中央集権支配を図った。地域支配の舞台装置として機能した地方官衙は、いつ頃、どのような意図を持ち、いかに形成されたのか。発掘調査が進む各地の官衙遺跡から、造営過程や建物構造を考古学的に分析。国府・郡衙・駅路などが一体となり整備されてきた可能性に言及し、律令国家の地方統治の実態に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

日本古代の寺院・官衙造営

日本古代の寺院・官衙造営

長屋王時代の地方政策を考古学から追究する

著者:須田 勉
 
古代の駅と道

古代の駅と道 8

交通史についての著書3冊と論考12編収載

著者:坂本 太郎
 
 
律令国郡里制の実像 上

律令国郡里制の実像 上

越後国城制論、出羽国府論等から実像に迫る

著者:平川 南
 
律令国郡里制の実像 下

律令国郡里制の実像 下

里と村、地域支配と河川等から実像に迫る

著者:平川 南
 
 
事典 日本古代の道と駅

事典 日本古代の道と駅

最新の成果で古代道路の全ルートが甦る

著者:木下 良
 
古代駅伝馬制度の研究

古代駅伝馬制度の研究

文献史学の方法論により古代交通制度を追究

著者:永田 英明
 
 

このページのトップへ