安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 中世荘園村落の環境歴史学

中世荘園村落の環境歴史学  新刊

東大寺領美濃国大井荘の研究

中世荘園村落の環境歴史学

大井荘の景観を復原し、荘園経営の組織などの実態を解明。輪中城下町形成に向かう姿を現地調査と地理情報システム(GIS)で分析。

著者 海老澤 衷
ジャンル 日本歴史 > 中世史
出版年月日 2018/06/21
ISBN 9784642029476
判型・ページ数 B5・288ページ
定価 本体9,500円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

まえがき…海老澤衷/凡例/大井荘域小字図/大井荘域灌漑図/大井荘を研究するための基礎資料…遠藤基郎/荘園研究の技術と論理(荘園から城下町へ―継承されるハザードへの対応と流通、文化…海老澤衷/奈良盆地の条里・条坊史料とGIS利用の可能性―「奈良盆地歴史地理データベース」を事例に…出田和久/美濃国大井荘の成立事情と成立当初の荘域…田島 公/美濃国大井荘の諸問題…稲葉伸道)/荘園の現地調査と地域社会(美濃国大井荘の中世化と「開発領主」大中臣氏…赤松秀亮/美濃国大井荘の土地利用と水害―都市化地域における現地調査の可能性…土山祐之/美濃国大井荘における景観の変遷―三塚を中心に…髙橋 傑/美濃国大井荘と周辺地域の関係―大井荘一条五里の問題を中心に…久下沼譲/検注と条里―美濃国大井荘検注帳の分析を中心に…似鳥雄一)/東大寺の寺院運営と大井荘(美濃国大井荘を史料論から考える…遠藤基郎/中世前期における伊勢神宮造営料賦課の構造―東大寺領荘園を事例として…永沼菜未/東大寺雑掌賢舜と東大寺大勧進…山口啄実/鎌倉期における大井荘下司職相論と東大寺寺院機構…白川宗源)

このページのトップへ

内容説明

岐阜県大垣市に位置する美濃国大井荘は、往時の姿を克明に描ける荘園である。荘域と耕地・水利の景観を復原し、東大寺領としての開発、住民の編成や土地所有、荘園を経営する寺院と荘内の組織など中世荘園の実態を解明。自然災害と戦禍を乗り越え、輪中城下町の形成に向かう驚異的な持続性を、現地調査と地理情報システム(GIS)により分析する。

このページのトップへ

関連書籍

東北・関東・東海地方の荘園

東北・関東・東海地方の荘園 5

最新の調査研究の成果を集成した画期的講座

 
中世の荘園経営と惣村

中世の荘園経営と惣村

経営の実態と地理的かつ領域的な構造を解明

著者:似鳥 雄一
 
 
荘園

荘園 57

全史を大胆かつ平易に描いた荘園史の決定版

著者:永原 慶二
 
 
平家政権と荘園制

平家政権と荘園制

平家領の形成過程や領有構造などを分析する

著者:前田 英之
 
中世荘園と検注

中世荘園と検注

中世世界を斬新な視角から挑む書下ろし力作

著者:富澤 清人
 
 
荘園の解体

荘園の解体 4

最新の調査研究の成果を集成した画期的講座

 
 
荘園入門

荘園入門 1

最新の調査研究の成果を集成した画期的講座

 
日本荘園史大辞典

日本荘園史大辞典

荘園のすべてを一冊に集大成

著者:瀬野 精一郎
 
 

このページのトップへ