安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 現代日本の葬送と墓制

現代日本の葬送と墓制  新刊

イエ亡き時代の死者のゆくえ

現代日本の葬送と墓制

葬儀・埋葬・造墓は社会変動の波を受け変貌してきている。葬送をめぐる個と群の価値観の変化を辿り、21世紀の死者のゆくえを展望。

著者 鈴木 岩弓
森 謙二
ジャンル 宗教史 > 仏教
民俗学
出版年月日 2018/06/12
ISBN 9784642082020
判型・ページ数 A5・240ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はじめに…鈴木岩弓/葬送をめぐる個と群れの相克―近世から近代へ(発掘された江戸・東京の墓―家と個人をめぐって…谷川章雄/屋敷墓から見た近世・近代のイエ…朽木 量/コラム 明治民法と祖先祭祀論…問芝志保/納骨堂の成立とその集合的性格…山田慎也)/葬送をめぐる現代的状況(単身化社会・無縁化社会の進行と行政―大阪市と京都市、横須賀市の事例研究…槇村久子/誰が死者を弔い、墓を守るのか…小谷みどり/葬儀研究からみた弔いの意味づけの変化…村上興匡)/死者のゆくえ(死者を忘れない―“死者の記憶”保持のメカニズム…鈴木岩弓/イエなき時代の墓地埋葬の再構築のために―「埋葬義務」との関連で…森 謙二/コラム 遺骨収集の現場から考える…土居 浩/コラム デジタル遺品をデジタル形見に―弔いに寄り添うデジタルメディア・テクノロジー…瓜生大輔)/おわりに…森 謙二

このページのトップへ

内容説明

死者をとりまく状況を考えることは、生きているわたしたちの時代を問う営みである。葬儀・埋葬・造墓などは遺された者たちの役割だが、社会変動の波を受けて大きくゆらいでいる。イエと個人の関係、墓標や墓制の連続性、祖先祭祀のあり方、行政の取り組み、慰霊の方法、死生観の変容など、多様な側面から二十一世紀の死者のゆくえを展望する。

このページのトップへ

関連書籍

墓と葬送のゆくえ

墓と葬送のゆくえ 391

新しい葬法の問題点を指摘し「埋葬」を問う

著者:森 謙二
 
墓と葬送の社会史

墓と葬送の社会史

社会を映し出す鏡「墓」の歴史を読み解く

著者:森 謙二
 
 
葬式は誰がするのか

葬式は誰がするのか

葬儀とその担い手の変遷を民俗学から解明

著者:新谷 尚紀
 
盆行事と葬送墓制

盆行事と葬送墓制

地域差の意味と現代の大きな変化に迫る!

 
 
お葬式

お葬式

習俗、弔い方、死生観など、死の歴史を再考

著者:新谷 尚紀
 
日本葬制史

日本葬制史

古来、人々は死者をどう弔ってきたのか

著者:勝田 至
 
 
埋葬からみた古墳時代

埋葬からみた古墳時代 465

埋葬ルールを抽出し王位継承のあり方を分析

著者:清家 章
 
古墳時代の葬制と他界観

古墳時代の葬制と他界観

古墳づくりを含む葬送儀礼の実態!

著者:和田 晴吾
 
 
日本古代中世の葬送と社会

日本古代中世の葬送と社会

当時の葬送の実態を明らかにし死生観に迫る

著者:島津 毅
 
日本中世の墓と葬送

日本中世の墓と葬送

貴族・武士らの葬儀がどう庶民へ浸透したか

著者:勝田 至
 
 
中世の葬送・墓制

中世の葬送・墓制

豊富な事例を通して葬送儀礼の淵源に迫る!

著者:水藤 真
 
宮座と墓制の歴史民俗

宮座と墓制の歴史民俗

長老衆に焦点をあて、構成や機能を解明

著者:関沢 まゆみ
 
 
両墓制と他界観

両墓制と他界観

日本人の深層に潜む霊魂観、他界観を探究

著者:新谷 尚紀
 
墓の民俗学

墓の民俗学

枕石等の民俗資料を整理し、研究方法を提示

著者:岩田 重則
 
 
墓と埋葬と江戸時代

墓と埋葬と江戸時代

庶民から大名まで墓の発掘から埋葬を解明

著者:江戸遺跡研究会
 
墓石が語る江戸時代

墓石が語る江戸時代 464

今に伝わる人びとの“声なき声”を読み解く

著者:関根 達人
 
 
民俗小事典 死と葬送

民俗小事典 死と葬送

日本人は「死」をどう迎えてきたか

 
事典 墓の考古学

事典 墓の考古学

考古学的知見と発掘成果で、墓の歴史に迫る

著者:土生田 純之
 
 

このページのトップへ