安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 踏絵を踏んだキリシタン

踏絵を踏んだキリシタン 469 新刊

踏絵を踏んだキリシタン

絵踏はなぜ形骸化したか。作法・形態・素材変更等を解明。キリシタン捜索手段から信者でないことを証明する手段への変容過程を探る。

著者 安高 啓明
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
宗教史 > キリスト教
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 近世史
出版年月日 2018/06/18
ISBN 9784642058698
判型・ページ数 4-6・288ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

踏絵なのか、絵踏なのか―プロローグ/日本キリスト教史のなかの禁教史(キリスト教伝来と布教活動/禁教令の起源と展開/宗門改と絵踏/潜伏キリシタンの露顕/修好条約締結と禁教政策の緩和)/禁教政策の最前線の長崎(長崎の二つの支配体制/踏絵の主題と図像/長崎奉行はどのように踏絵を管理し、実施したのか)/踏絵を所持した藩 小倉藩・熊本藩(禁教・宗門改を特別視しなかった小倉藩/踏絵の〝質〟にこだわった熊本藩)/踏絵を借りた肥前国の藩 平戸藩・福江(五島)藩・島原藩・大村藩(踏絵の貸与をめぐるロビー活動をした平戸藩/借りた踏絵を失くした福江藩/島原天草一揆の呪縛と島原藩/郡崩れの経験が転機となった大村藩)/踏絵を借りた豊後国の藩と預かり地 豊後国七藩・天草・五箇荘(キリスト教色の強かった豊後国七藩/絵踏と影踏が交錯する天草/〝辺境の地〟五箇荘で絵踏を行なうには)/外国人と踏絵(絵踏は海外でどのように紹介されていたのか/絵踏を強要された唐人とされなかったオランダ人/漂流民への絵踏/絵踏を描いた川原慶賀とシーボルト)/明治以降の踏絵(〝負の遺産〟踏絵の移管事情/踏絵の陳列・公開とキリシタンブーム/踏絵の文学作品『沈黙』とその世界観)/踏絵の持つ意味―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

キリスト教信者摘発のために始まった絵踏は、なぜ形骸化し年中行事となったのか。絵踏が行なわれていた長崎をはじめ九州諸藩が抱える事情や作法・形態・手順、踏絵素材の変更などを明らかにし、キリシタン捜索手段から信者でないことを証明する手段への変容過程を探る。悲劇的文脈で語られてきた従来の絵踏観に一石を投じ、潜伏キリシタンの姿に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

カクレキリシタンの実像

カクレキリシタンの実像

日本民衆のキリスト教受容の実像に迫る!

著者:宮崎 賢太郎
 
キリシタン信仰史の研究

キリシタン信仰史の研究

教理書や組織の活動から信仰生活に迫る!

著者:五野井 隆史
 
 
日本キリシタン史の研究

日本キリシタン史の研究

キリシタンの光と影の歴史を解き明かす名著

著者:五野井 隆史
 
キリシタンの文化

キリシタンの文化 67

徳川幕府の迫害下に生き続けた文化を探る

著者:五野井 隆史
 
 
キリシタン大名

キリシタン大名

武将たちがキリスト教にかけた思いと挫折!

著者:岡田 章雄
 
島原の乱とキリシタン

島原の乱とキリシタン 14

潜伏キリシタンと百姓はなぜ蜂起し敗れたか

著者:五野井 隆史
 
 
浦上キリシタン流配事件

浦上キリシタン流配事件 34

明治の大弾圧から政治と宗教問題を考える

著者:家近 良樹
 
徳川初期キリシタン史研究 補訂版

徳川初期キリシタン史研究 補訂版

特に日本人宣教者の位置づけを試みた労作

著者:五野井 隆史
 
 
日本キリスト教史

日本キリスト教史

やさしく描き出したキリスト教史の入門書

著者:五野井 隆史
 
ここまで変わった日本史教科書

ここまで変わった日本史教科書

記述の変化と根拠となる研究の進展を解説

 
 

このページのトップへ