安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 史跡で読む日本の歴史 1

史跡で読む日本の歴史 1

列島文化のはじまり

史跡で読む日本の歴史 1

日本列島の原始古代人は、どんな家に住み、何を食べ、どのように神へ祈りを捧げたのか。彼らの時代を、残された史跡から復元する。

著者 玉田 芳英
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
考古学 > 考古一般
シリーズ 史跡で読む日本の歴史
出版年月日 2009/10/20
ISBN 9784642064095
判型・ページ数 4-6・280ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

列島文化のはじまり…玉田芳英/Ⅰ=旧石器文化(列島各地の旧石器文化…加藤真二〈旧石器時代のはじまりと変遷/旧石器人の生活/海を越えての交流〉)/Ⅱ=縄文時代(定住の開始と集落の出現…岡田康博/大規模集落の展開と貝塚…岡田康博/縄文人の精神文化…玉田芳英〈環状列石/配石遺構/環状木柱列/遺物が伝える精神文化〉/北の大地の文化…田才雅彦・西脇対名夫〈環状列石と周堤墓/貝塚と墳墓群/集落と「縄文回廊」〉/〔史跡を視る目〕縄文農耕の起源を求めて…玉田芳英〈最初の稲作/縄文農耕とは〉以下細目略)
/Ⅲ=弥生時代(稲作の開始と青銅器生産…三好孝一/弥生集落の展開…七田忠昭/集団墓から首長墓へ…飛野博文/南島の先史時代文化と文化交流…堂込秀人/〔史跡を視る目〕年代測定法―近年の理化学的手法と弥生実年代論…秋山浩三)

このページのトップへ

内容説明

【旧石器時代―弥生時代】
日本列島に生きた原始古代人は、どんな家に住み、何を食べ、どのように神へ祈りを捧げたのか。狩猟採集から定住農耕生活へと変化をとげ、やがて国家の形成へとむかう彼らの時代を、地中に残された史跡から復元する。

このページのトップへ

関連書籍

北の原始時代

北の原始時代 1

東北文化の夜明けを描く。シリーズ刊行開始

著者:阿子島 香
 
倭人への道

倭人への道 402

「倭人」の姿かたち・ルーツとは?

著者:中橋 孝博
 
 
倭国のなりたち

倭国のなりたち 1

〝はじまり〟を描く、あたらしい古代史

著者:木下 正史
 
史跡で読む日本の歴史 8

史跡で読む日本の歴史 8

琉球王国やアイヌなど、アジアとの交流

著者:服部 英雄
 
 
史跡で読む日本の歴史 2

史跡で読む日本の歴史 2

卑弥呼と大王の時代の実像を完全復元!

著者:岸本 直文
 
史跡で読む日本の歴史 9

史跡で読む日本の歴史 9

各地で多様な文化が育まれた時代を読みとく

著者:岩淵 令治
 
 
史跡で読む日本の歴史 10

史跡で読む日本の歴史 10

日本の近代化を史跡で読み解き、課題を提示

著者:鈴木 淳
 
史跡で読む日本の歴史 3

史跡で読む日本の歴史 3

古代国家のプロフィールがはじめて明らかに

著者:森 公章
 
 
史跡で読む日本の歴史 6

史跡で読む日本の歴史 6

躍動する武士たちの世界がよみがえる!

著者:高橋 慎一朗
 
史跡で読む日本の歴史 7

史跡で読む日本の歴史 7

戦国大名の拠点=城はどのように発達したか

著者:小島 道裕
 
 
歴史考古学大辞典

歴史考古学大辞典

国史大辞典から10年。全く新しい歴史辞典

 
 

このページのトップへ