安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > はんこと日本人

はんこと日本人  新刊

はんこと日本人

日本人はなぜ、いつごろからはんこを押し続けてきたのか。その歴史を辿り、はんこをめぐる日本独特の文化・社会を探る。

著者 門田 誠一
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 読みなおす日本史
出版年月日 2018/09/12
ISBN 9784642067676
判型・ページ数 4-6・150ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章 はんこと人生/権威としての印章(「はんこ」「印鑑」「印章」/中国におけるはんこのはじまり―秦代以前/はんこによる権威と序列―始皇帝以後)/「金印」とその時代 現代はんこ文化の淵源(百姓甚兵衛の見つけた金印/もう一つの蛇鈕金印/亀鈕の王?/卑弥呼のもらった金印/江戸時代の書物に現れた「親魏倭王」印/下賜品としての金印/「仮授」の意味/倭人は金印文字を理解したか/韓国南部での筆の発見/権威の証としての印章)/古代東アジアの封泥(書写材料としての木簡/封泥―木簡を封印した印章/絵画のある封泥/楽浪出土の封泥/楽浪出土の印章/卑弥呼の金印と封泥)以下細目略/発掘されたはんこ/書く「はん」とその時代/はんこ社会の形成 近世のはんこ/はんこからみた日本文化/その後の印章研究の動向

このページのトップへ

内容説明

宅配便の受け取り、回覧板、役所の申請書類から売買契約まで、毎日の生活にはんこは欠かせない。日本人はなぜ、いつごろからはんこを押し続けてきたのか。その歴史を辿り、はんこをめぐる日本独特の文化・社会を探る。

このページのトップへ

関連書籍

ハンコの文化史

ハンコの文化史

世界のハンコ5000年史を辿る!

著者:新関 欽哉
 
印章

印章 13

起源から戦国まで、多くの写真を掲げて解説

著者:荻野 三七彦
 
 
花押・印章図典

花押・印章図典

古より使われたサインとはんこ約2400点

 
 

このページのトップへ