安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 中世王権の形成と摂関家

中世王権の形成と摂関家  新刊

中世王権の形成と摂関家

天皇・王家は本当に摂関家から自立していたのか。中世王権論・王家研究を再検討。院政の展開、摂関家分立などについて新見解を示す。

著者 樋口 健太郎
ジャンル 日本歴史 > 中世史
出版年月日 2018/09/12
ISBN 9784642029483
判型・ページ数 A5・300ページ
定価 本体9,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章 本書の視角と課題/院政期の王権と摂関家(中世前期の摂関家と天皇〈天皇後見と外戚/中世摂関家の成立/院政期の王権構造とその矛盾/鎌倉時代の摂関家と天皇〉/白河院政期の王家と摂関家―王家の「自立」再考〈白河院政期における摂政忠実/摂関家の確定と院〉以下細目略/居所からみた白河・鳥羽院政期の王権/「保安元年の政変」と鳥羽天皇の後宮)/転換期の摂関家―保元の乱から分立へ(保元の乱前後の摂関家と家政職員/藤氏長者宣下の再検討/藤原忠通と基実―院政期摂関家のアンカー)/摂関家九条流の形成と発展(摂関家九条流の形成と女院/八条院領の伝領と八条良輔/補論 藤原忠実の追善仏事と怨霊/摂関家九条流における「家門管領寺院」の継承と相論)/終章 本書の成果と展望

このページのトップへ

内容説明

中世において天皇・王家は本当に摂関家から自立していたのか。天皇を補佐・後見する摂関の職掌に着目することで、むしろ王家が摂関家と未分化で一体的な関係にあった事実を明らかにする。さらに従来、別々に論じられてきた摂関家・王家について、王権全体の枠組みの中で問い直し、院政の展開や、保元の乱、摂関家分立などについて新見解を示す。

このページのトップへ

関連書籍

源氏長者

源氏長者

征夷大将軍=源氏の誤解を解く!

著者:岡野 友彦
 
摂関政治と地方社会

摂関政治と地方社会 5

中世への胎動の時代。新視点を交えて描く!

著者:坂上 康俊
 
 
院政と武士の登場

院政と武士の登場 2

院政の展開と武士の成長が織りなす世界

著者:福島 正樹
 
院政の展開と内乱

院政の展開と内乱 7

内乱の中から中世への道筋を探り出す

著者:元木 泰雄
 
 
保元の乱・平治の乱

保元の乱・平治の乱

「武者の世」を誕生させた事件の真相に迫る

著者:河内 祥輔
 
藤原頼長

藤原頼長

悪左府―保元乱の元凶? 人間頼長の初伝

著者:橋本 義彦
 
 
藤原忠実

藤原忠実 224

平安後期の摂政・関白。保元の乱に至る生涯

著者:元木 泰雄
 
摂関制の成立と展開

摂関制の成立と展開

職掌や待遇、貴族文化など摂関制の全貌

著者:米田 雄介
 
 
摂関政治史論考

摂関政治史論考

律令政治の変質過程を明らかにする

著者:山本 信吉
 
 

このページのトップへ