安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 明治期の立憲政治と政党

明治期の立憲政治と政党  これから出る本

自由党系の国家構想と党史編纂

明治期の立憲政治と政党

藩閥政府と政党の提携に尽力した自由党系土佐派。非議員の板垣退助を党首に据え、いかに国家構想や経済政策を提起したのか。

著者 中元 崇智
ジャンル 日本歴史 > 近現代史
出版年月日 2018/09/26
ISBN 9784642038782
判型・ページ数 A5・308ページ
定価 本体10,000円+税
在庫 未刊・予約受付中
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章 課題と方法/自由党系土佐派の国家構想と経済政策(板垣退助の天皇・華族観と政党指導の展開/栗原亮一と旧自由党系のアジア貿易計画/栗原亮一と自由党土佐派の「通商国家構想」/隈板内閣前後における経済政策の展開―自由党系土佐派の外資輸入論を中心に)/『自由党史』の成立過程と歴史観(板垣退助の政界引退と『自由党史』/日露戦後における激化事件顕彰運動と『自由党史』/『自由党史』の編纂方針と記述の変容/土佐派の「明治維新観」形成と『自由党史』―西郷隆盛・江藤新平像の形成過程を中心に/付論 光永眠雷「西郷隆盛肖像」の成立/板垣退助岐阜遭難事件の伝説化―『自由党史』における記述の成立過程を中心に)/終章 総括と展望

このページのトップへ

内容説明

帝国議会の開設後、対立と妥協を繰り返した藩閥政府と政党は、ついに手を結んだ。その発端となったのが、板垣退助率いる自由党系土佐派であった。彼らは、非議員の板垣を党首に据えながら、いかに政党を運営して国家構想や経済政策を提起し、またどのような歴史観で党史を編纂して自己を位置づけたのか。模索期の立憲政治を政党の視点から考察する。

このページのトップへ

関連書籍

日本政党史

日本政党史

政党とは何か。その実態と本質を問い直す

 
自由民権と近代社会

自由民権と近代社会 22

伝統社会と近代化の間で揺れる民衆を照射

著者:新井 勝紘
 
 
「主権国家」成立の内と外

「主権国家」成立の内と外 2

“近代国家”はいかに誕生したか?

著者:大日方 純夫
 
帝国議会改革論

帝国議会改革論 54

議院法に焦点をあて追求。改革の実態を探る

著者:村瀬 信一
 
 
明治立憲制と内閣

明治立憲制と内閣

桂園体制を実現した明治立憲制の道程を検証

著者:村瀬 信一
 
日本立憲政治の形成と変質

日本立憲政治の形成と変質

帝国日本の立憲政治の意味を考える

 
 
明治立憲政治と貴族院

明治立憲政治と貴族院

明治期貴族院の実像を描きだす

著者:小林 和幸
 
画譜 憲政五十年史

画譜 憲政五十年史

約2000枚の写真で明治~昭和を知る

著者:田中 萬逸
 
 

このページのトップへ