安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 考証 東京裁判

考証 東京裁判 476 新刊

戦争と戦後を読み解く

考証 東京裁判

帝国主義・レイシズム(人種差別)の発想と、今日の歴史認識問題につながる戦争観を再検証。不可視化された戦争被害の諸相に迫る。

著者 宇田川 幸大
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 近・現代史
出版年月日 2018/09/18
ISBN 9784642058766
判型・ページ数 4-6・240ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

近代日本の戦争と東京裁判―プロローグ/裁きへの道(日本の戦争と欧米諸国の怒り/戦争責任の追及と国際検察局の始動/尋問の諸相/重視された被害と軽視・無視された被害)/「第二の戦争」―日本側の裁判対策(裁判対策の開始/交差する戦争観―陸軍・海軍・外務省の確執/弁護団の内部対立/進行する陸軍・海軍・外務省の裁判対策)/法廷での攻防(始まった検察側の立証/検察側の立証と日本軍の残虐行為/弁護側の反証/審理と陸海軍/審理と外務官僚)/下された判決(判決書と日本の戦争、残虐行為/判決書と陸海軍、外務省/問われざる問題群と責任者/勝者と敗者の負の連関性)/サンフランシスコ平和条約と戦後日本―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

第二次大戦後、連合国が日本の戦争責任を追及した「東京裁判」。膨大な被害を生んだ日本の戦争を、法廷はどのように裁いたのか。帝国主義・植民地主義・レイシズム(人種差別)といった発想と裁判審理との関わり、今日の歴史認識問題にもつながる戦争観を重視しつつ、膨大な史料を用いて裁判を再検証。不可視化された戦争被害の諸相に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

ポツダム宣言と軍国日本

ポツダム宣言と軍国日本 20

太平洋戦争の敗因を分析し、教訓を探る

著者:古川 隆久
 
総力戦のなかの日本政治

総力戦のなかの日本政治 6

総力戦の時代とは何だったのか?

著者:源川 真希
 
 
占領から独立へ

占領から独立へ 1

講和と安全保障をめぐる戦後8年を描く

著者:楠 綾子
 
戦後改革と逆コース

戦後改革と逆コース 26

占領期を再検討。現代日本誕生の道筋を探る

著者:吉田 裕
 
 
「昭和天皇実録」講義

「昭和天皇実録」講義

出生から逝去まで、要点をわかりやすく解説

 
昭和天皇退位論のゆくえ

昭和天皇退位論のゆくえ 379

退位問題はいかに巻き起こり論議されたのか

著者:冨永 望
 
 
満州事変から日中全面戦争へ

満州事変から日中全面戦争へ 22

軍部の謀略と戦争「泥沼化」への道!

著者:伊香 俊哉
 
満洲国

満洲国

民族共生の道とは何か?

著者:塚瀬 進
 
 
アジア・太平洋戦争

アジア・太平洋戦争 23

なぜアメリカとの無謀な戦争に突入したか

著者:吉田 裕
森 茂樹
 
大日本帝国の崩壊

大日本帝国の崩壊 25

〈戦争の時代〉を国民意識の視点から考える

著者:山室 建徳
 
 
帝国支配の最前線

帝国支配の最前線 7

日本軍は植民地に何をもたらしたのか?

著者:坂本 悠一
 
植民地と戦争責任

植民地と戦争責任 3

新しい戦争が起る世界で女性はどう生きるか

著者:早川 紀代
 
 
第二次世界大戦

第二次世界大戦 114

未曾有の世界戦争は人類に何をもたらしたか

著者:木畑 洋一
 
二〇世紀満洲歴史事典

二〇世紀満洲歴史事典

約800項目で満洲100年の歴史がわかる

 
 
アジア・太平洋戦争辞典

アジア・太平洋戦争辞典

戦後70年。あの戦争とは何だったのか?

 
 

このページのトップへ