安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 戦国の城の一生

戦国の城の一生 475 新刊

つくる・壊す・蘇る

戦国の城の一生

戦国期の城は、いつ誰の手で築かれ、いかに使われて廃城となったか。「城の使われ方」から戦争や城郭の実態を考えるヒントを与える。

著者 竹井 英文
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 中世史
出版年月日 2018/09/18
ISBN 9784642058759
判型・ページ数 4-6・224ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

城の一生―プロローグ/築城(戦国城郭の築城〈金山城事始/築城と地鎮/築城日数/城普請のシステム/築城用材の確保/築城の教科書『築城記』/建物の造り方/土塁の造り方/城内の植生/竹木が生えている理由/城の縄張〉以下細目略/築城をめぐる諸問題)/維持管理(津久井城を歩く/維持管理の大変さ)/廃城(終わりを迎えた城/廃城の実態)/「古城」(「古城」を訪ねて/史料に現れた「古城」)/「古城」のゆくえ(「古城」の使われ方/近世初期社会と「古城」)/その後の「古城」―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

戦国時代の城は、誰の手でどのように築かれ、いかに使われて廃城となったのか。築城技術の広がり、面倒なメンテナンスやさまざまな城掟、廃城後の「古城」の再利用(リサイクル)など、文献史料を博捜し読み解く。城の年代や運用形態をめぐる論争など、城郭研究が岐路に立たされているいま、「城の使われ方」から戦国期の戦争や城郭の実態を考えるヒントを与える。

このページのトップへ

関連書籍

日本城郭史

日本城郭史

「軍事」と「日常」という視点で実態に迫る

 
中世城郭の縄張と空間

中世城郭の縄張と空間

縄張研究の成果を原点から見つめなおす

著者:松岡 進
 
 
中世武士の城

中世武士の城 218

天守閣はなかった! 城郭ファン必読

著者:齋藤 慎一
 
よみがえる安土城

よみがえる安土城 167

隠された謎を解き、新しい信長像に迫る

著者:木戸 雅寿
 
 
東北の名城を歩く 北東北編

東北の名城を歩く 北東北編

名城59を最新の発掘成果で紹介。図版多数

著者:飯村 均
室野 秀文
 
東北の名城を歩く 南東北編

東北の名城を歩く 南東北編

名城66を最新の発掘成果で紹介。図版多数

著者:飯村 均
室野 秀文
 
 
甲信越の名城を歩く 山梨編

甲信越の名城を歩く 山梨編

県内名城61を国中五地域と郡内に分け解説

著者:山下 孝司
平山 優
 
甲信越の名城を歩く 長野編

甲信越の名城を歩く 長野編

北信・東信・中信・南信の名城59を紹介

 
 
甲信越の名城を歩く 新潟編

甲信越の名城を歩く 新潟編

城郭ファン必備!新潟の名城59を紹介する

 
関東の名城を歩く 北関東編

関東の名城を歩く 北関東編

名城64を最新の発掘成果で紹介。図版多数

 
 
関東の名城を歩く 南関東編

関東の名城を歩く 南関東編

四都県の名城64を豊富な図版を交え解説

 
近畿の名城を歩く 滋賀・京都・奈良編

近畿の名城を歩く 滋賀・京都・奈良編

三県から精選した名城80を紹介

著者:仁木 宏
福島 克彦
 
 
近畿の名城を歩く 大阪・兵庫・和歌山編

近畿の名城を歩く 大阪・兵庫・和歌山編

精選した名城79を紹介したシリーズ近畿編

著者:仁木 宏
福島 克彦
 
北条氏五代と小田原城

北条氏五代と小田原城

民を大切にした戦国大名、5代の歩みに迫る

著者:山口 博
 
 
豊臣秀吉と大坂城

豊臣秀吉と大坂城

豊臣大坂城を探訪し、天下人の素顔に迫る

著者:跡部 信
 
尚氏と首里城

尚氏と首里城

“天下人” の覇業と琉球王国の盛衰に迫る

著者:上里 隆史
 
 
東アジアの中世城郭

東アジアの中世城郭

辺境のイメージを覆し、魅力に迫る初の試み

著者:臼杵 勲
 
 

このページのトップへ