安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 前近代日本の交通と社会

前近代日本の交通と社会 1 新刊

前近代日本の交通と社会

近世交通史研究を牽引した著者の研究成果を集成。古代~近世交通史の諸問題、「慶安御触書」、九州の織豊城郭など多彩な論考を収録。

著者 丸山 雍成
ジャンル 日本歴史
シリーズ 日本交通史への道
出版年月日 2018/10/31
ISBN 9784642034890
判型・ページ数 A5・606ページ
定価 本体14,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はしがき/日本前近代の交通史研究の素描と展望―陸上交通を中心として/近世の陸上交通体系と交通風俗/近世宿駅の成立に関する一見解/江戸日本橋をめぐる問題―一里塚(元標)の存否と高札場の変遷、その復原方策/近世関所の関番人配置をめぐる問題―特に箱根関所を中心として/九州の街道と宿駅/長崎街道―「鎖国」制下の異文化情報路/「参勤交代」瞥見―参府献上・拝領などを兼ねて/所謂「慶安御触書」論の回顧と再検討/古九谷論争の彼方/近世城郭への二つの途/黒田孝高の戦略と築城/玄界灘の戦国豪商―その栄光と没落/近世情報化社会の形成/あとがき

このページのトップへ

内容説明

近世交通史の研究を牽引してきた著者による、前近代を中心に隣接分野にも及ぶ日本交通史の研究成果を集成する。古代から近世までの交通史概観、五街道と脇街道、長崎街道など九州の諸街道、日本橋・箱根関所に関する考察をはじめ、いわゆる「慶安御触書」、古九谷論争、九州の織豊城郭、中津城・福岡城の天守、九州の豪商など、多彩な論考を収載する。

このページのトップへ

関連書籍

参勤交代

参勤交代 65

大名行列の舞台裏。制度の全てがわかる

著者:丸山 雍成
 
 
邪馬台国 魏使が歩いた道

邪馬台国 魏使が歩いた道 268

邪馬台国はどこか。謎を解く鍵が明らかに

著者:丸山 雍成
 
中世の商人と交通

中世の商人と交通 3

『日本商人史』中世篇ほか諸論文を収録する

著者:豊田 武
 
 
鎌倉時代の交通

鎌倉時代の交通 18

当代の交通史を体系づけた先駆けをなす研究

著者:新城 常三
 
古代国家と瀬戸内海交通

古代国家と瀬戸内海交通

古墳時代から9世紀までの実態と特質を解明

著者:松原 弘宣
 
 
日本古代の交通・交流・情報 3

日本古代の交通・交流・情報 3

交通施設と技術から様相を描き景観を考える

 
日本古代の交通・交流・情報 2

日本古代の交通・交流・情報 2

文学作品や記録から旅と交易の実態を再現

 
 
日本古代の交通・交流・情報 1

日本古代の交通・交流・情報 1

交通制度と実態を東アジアも視野に入れ解明

 
 

このページのトップへ