安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 古墳時代の王権と集団関係

古墳時代の王権と集団関係  これから出る本

古墳時代の王権と集団関係

編年などから、前方後円墳を頂点とする古墳の秩序形成と変化を追究。ヤマト王権と地域勢力の関係を論じ、国家と社会の実態に迫る。

著者 和田 晴吾
ジャンル 日本歴史 > 古代史
考古学
出版年月日 2018/10/15
ISBN 9784642093507
判型・ページ数 A5・400ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 未刊・予約受付中
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序/古墳時代の枠組み(編年と時期区分について〈編年と時期区分論/古墳の小様式/古墳の様式区分/古墳時代の時期区分/以下細目略/暦年代について/古墳と地域区分・集団区分〉/古墳時代の諸段階と古墳の秩序(南山城地域からの問題提起/古墳築造の諸段階と中期古墳の秩序/中期から後期へ―群集墳の出現と展開/見瀬丸山・藤ノ木古墳と後期古墳の秩序/古墳時代における首長連合体制の展開と変容/国家形成論研究の視点/古墳時代における王権と集団関係)/王権と地方勢力(王権と丹後勢力―丹後の三大古墳と日本海沿岸の古墳/王権と九州勢力―大阪府今城塚古墳をめぐって/王権と出雲勢力―古墳時代後期を中心に/付論一 向日市五塚原古墳の測量調査より/付論二 弥生墳丘墓の再検討)/終章 古墳時代の政治・経済・宗教

このページのトップへ

内容説明

全国各地の古墳はいかなる契機で造られ、その規模・形が選択されたのか。その編年・時期区分を検証し、古墳の築造状況を全国的視野から捉え直す。前方後円墳を頂点とする古墳の秩序の形成とその変化を追究し、ヤマト王権と地域勢力の関係を論じる。首長連合体制から中央集権的体制への転換を明らかにし、古墳時代の国家と社会の実態に迫る注目作。

このページのトップへ

関連書籍

古墳時代の生産と流通

古墳時代の生産と流通

遺物の素材・使用法を検討し技術伝播を追究

著者:和田 晴吾
 
古墳時代の葬制と他界観

古墳時代の葬制と他界観

古墳づくりを含む葬送儀礼の実態!

著者:和田 晴吾
 
 

このページのトップへ