安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 奄美諸島編年史料 古琉球期編下

奄美諸島編年史料 古琉球期編下  新刊

奄美諸島編年史料 古琉球期編下

島津氏の琉球本島制圧が始まる1609年3月末から、三浦按針の大島漂到記録などに関わる1624年まで。上巻補遺や歌謡も付載。

著者 石上 英一
ジャンル 日本歴史 > 史料・史料集
シリーズ 史料・史料集 > 奄美諸島編年史料
出版年月日 2018/10/31
ISBN 9784642014182
判型・ページ数 A5・970ページ
定価 本体28,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

一六○九年(三月二十五日、島津軍、琉球國今歸仁間切運天津ニ至ル、尋デ、二十七日、今歸仁城ヲ征ス、同日、琉球國中山王尚寧ノ使者馬良豐幷ニ菊隠等、今歸仁親泊ニ於テ島津軍市來家政幷ニ村尾笑栖ト談合ス、島津軍、馬良豐ヲシテ市來家政ノ下ニ留メシメ、菊隠等ヲシテ那覇ニ還ラシム、二十九日、島津軍、運天津ヲ出デテ、陸路海路ニ分レテ進ミ、浦添城ヲ征シ、首里及ビ那覇ニ向フ、他)/一六一○年(正月三十日 琉球國中山王府摂王妃王弟暫看掌國事法司馬良豐、明福建等處承宣布政使司ニ、倭亂ニ依リテ貢期ヲ緩シテ貢職ヲ修スルヲ咨ス、他)/一六一一年(二月三日、竿奉行伊地知重房等、琉球國ノ先島ノ檢地ノタメ、那覇ヲ發ス、尋デ、五月、先島ノ檢地ヲ終ヘ、七月四日、那覇ヲ發シ、與論島・徳之島及ビ大島ヲ經テ、八月八日、日本薩摩國鹿兒島ニ著ス、他)以降略、一六二四年まで/上巻補遺(一四三三年〈五月八日、是ヨリ先、琉球國中山王尚巴志、明ニ使者物志麻結制等ヲ遣シ、禮部ニ咨文ヲ呈シ馬及ビ方物ヲ貢ズ、是日、明皇帝、琉球國使者等ニ宴ヲ賜ヒ、尋デ九日、明皇帝、琉球國使者等ニ綵帛等ヲ賜フ、〉/一四五〇年〈閏正月八日、前年秋、琉球國中山王尚思達、使者亞間美等ヲ明ニ遣ス、尋デ、是日、明皇帝、中山王尚思達ヘノ勅ヲ使者亜間美等ニ下ス、〉以降略、一六〇九年まで)/類聚(おもろさうし/地図)

このページのトップへ

内容説明

奄美諸島の歴史を知るための史料集の続巻。島津氏による琉球本島制圧が始まる1609年3月25日から、奄美諸島が琉球国統治体制から島津氏の直轄支配地への移行の画期となった大嶋置目に関わる1624年までを、三浦按針の2度の大島漂到記録も含め収録。奄美諸島を渡る明から日本への航路記、おもろそうしや地図なども収録する充実の構成。

このページのトップへ

関連書籍

奄美諸島編年史料 古琉球期編上

奄美諸島編年史料 古琉球期編上

膨大な史料をもとに奄美諸島の歴史を解明

著者:石上 英一
 
 

このページのトップへ