安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 浦島太郎の日本史

浦島太郎の日本史 285

浦島太郎の日本史

全国で語りつがれてきた昔話“浦島太郎”。『日本書紀』や太宰治の作品など各時代の文献から再検証し、その歴史的世界を解き明かす。

著者 三舟 隆之
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
国語・国文学 > 国文学
シリーズ 歴史文化ライブラリー
歴史文化ライブラリー > 文化史・誌
出版年月日 2009/11/20
ISBN 9784642056854
判型・ページ数 4-6・240ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

さまざまな浦島太郎―プロローグ/古代浦島説話の成立と説話の源流(『日本書紀』の浦島説話/『丹後国風土記』の浦島説話/『万葉集』の浦島説話/神仙思想の受容/浦島説話の源流)/浦島説話の展開と浦島太郎の登場(『浦島子伝』の成立―平安時代の浦島説話/和歌の世界の浦島説話/浦島太郎の登場―中世の浦島説話/芸能の中の浦島太郎)以下細目略/庶民の浦島太郎―江戸時代の浦島太郎/浦島太郎の近代化/浦島太郎の未来―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

昔話として全国で語りつがれてきた“浦島太郎”。そもそも浦島説話とはどのようなものなのか、それがなぜこれほどに日本人に受け入れられたのか。時代とともに変化し愛されてきた物語を、『日本書紀』から太宰治の作品にいたる各時代の文献のなかにその足跡を再検証し、浦島説話から時代背景を探る。一味違った「日本の歴史」を解き明かす。

このページのトップへ

関連書籍

新・桃太郎の誕生

新・桃太郎の誕生 85

あなたの町にもいた変な「桃太郎」大集合

著者:野村 純一
 
 

このページのトップへ