安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 歴代内閣・首相事典

歴代内閣・首相事典

歴代内閣・首相事典

伊藤博文から鳩山由紀夫まで、93代の内閣と60名の首相を網羅。政党、政治・経済・社会上の政策・事件約300項目も詳細に解説。

著者 鳥海 靖
ジャンル 日本歴史 > 辞典・事典・年表・地図
日本歴史 > 近現代史
出版年月日 2009/12/10
ISBN 9784642014533
判型・ページ数 菊判・832ページ
定価 本体9,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

明治18年(1885)の内閣制度開始以来、日本政治の中枢を担ってきた総理大臣とそれを支える内閣。伊藤博文内閣から鳩山由紀夫内閣まで、93代の内閣と60名の首相すべてを網羅し、平易に解説する。それぞれの内閣に関連する政党、政治・経済・社会上の政策・事件約300を項目に加え、激動の近現代史を立体的に理解できる画期的な事典。

このページのトップへ

関連書籍

ふたつの憲法と日本人

ふたつの憲法と日本人 450

日本人にとっての“改憲”を問う必読の書!

著者:川口 暁弘
 
近衛文麿

近衛文麿 282

人気取り政治家と言われてきた通説を見直す

著者:古川 隆久
 
 
首相になれなかった男たち

首相になれなかった男たち

不運の物語から見えてくる総理大臣の条件

著者:村瀬 信一
 
画譜 憲政五十年史

画譜 憲政五十年史

約2000枚の写真で明治~昭和を知る

著者:田中 萬逸
 
 
「改革」政治の混迷

「改革」政治の混迷 5

「改革」の時代はいつまで続くのか

著者:佐道 明広
 
石橋湛山論

石橋湛山論

「未完の可能性」を示した、その魅力に迫る

著者:上田 美和
 
 
明治立憲制と内閣

明治立憲制と内閣

桂園体制を実現した明治立憲制の道程を検証

著者:村瀬 信一
 
日本政党史

日本政党史

政党とは何か。その実態と本質を問い直す

 
 
人物で読む近代日本外交史

人物で読む近代日本外交史

外交官・政治家ら19名の栄光と苦悩の歴史

 
人物で読む現代日本外交史

人物で読む現代日本外交史

外交官・政治家ら20名の栄光と苦悩の歴史

 
 
戦時議会

戦時議会 59

戦時中、政局をめぐる代議士の戦いがあった

著者:古川 隆久
 
帝国議会改革論

帝国議会改革論 54

議院法に焦点をあて追求。改革の実態を探る

著者:村瀬 信一
 
 
近代日本の転機 明治・大正編

近代日本の転機 明治・大正編

黒船来航~ワシントン会議まで32の転換点

著者:鳥海 靖
 
近代日本の転機 昭和・平成編

近代日本の転機 昭和・平成編

世界恐慌~地下鉄サリンまで32の転換点

著者:鳥海 靖
 
 
二・二六事件

二・二六事件

彼らが求めた「昭和維新」から真相に迫る

著者:須崎 愼一
 
桂 太郎

桂 太郎 241

長州エリートが閥族政治の脱却を試みた生涯

著者:宇野 俊一
 
 
黒田清隆

黒田清隆

埋もれた明治の礎石、伊藤博文のライバル伝

著者:井黒 弥太郎
 
大隈重信

大隈重信

早大を創立した政党政治家の面目を描き出す

著者:中村 尚美
 
 
山県有朋と近代日本

山県有朋と近代日本

国際情勢を見極め近代化に身命を賭した実像

著者:伊藤 隆
 
山県有朋

山県有朋

明治の元勲。その生涯と功罪を描き出す。

著者:藤村 道生
 
 
激動昭和と浜口雄幸

激動昭和と浜口雄幸 180

平和協調を模索したライオン宰相の理念とは

著者:川田 稔
 
事典 昭和戦後期の日本

事典 昭和戦後期の日本

戦後日本の諸制度を知るためのハンドブック

著者:百瀬 孝
 
 
日本立憲政治の形成と変質

日本立憲政治の形成と変質

帝国日本の立憲政治の意味を考える

 
明治立憲政治と貴族院

明治立憲政治と貴族院

明治期貴族院の実像を描きだす

著者:小林 和幸
 
 
事典 昭和戦前期の日本

事典 昭和戦前期の日本

昭和戦前期を理解する上での基礎知識を提供

著者:伊藤 隆
百瀬 孝
 
 

このページのトップへ