安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 奈良の都

奈良の都

その光と影

奈良の都

天平文化が華開き、律令国家の矛盾が現われた奈良時代。藤原不比等や聖武天皇・光明子、したたかに生きる民衆などを鮮やかに描く。

著者 笹山 晴生
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化セレクション
出版年月日 2010/01/15
ISBN 9784642063586
判型・ページ数 4-6・332ページ
定価 本体2,300円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

律令国家の形成とその時代―序に代えて―
一 天武・持統朝の国家と政情―律令国家の建設―
二 平城京の明暗
三 古代豪族と戦い
四 飛鳥・天平文化点描
私と奈良時代史―その道を歩み始めたころ

このページのトップへ

内容説明

天平文化が華開いた奈良朝は、律令国家が完成し、その矛盾が現われた時代であった。平城京遷都から1300年、藤原不比)等や聖武天皇・光明子、したたかに生きる民衆など、奈良の都に生きた人々を鮮やかに描く。

このページのトップへ

関連書籍

天皇側近たちの奈良時代

天皇側近たちの奈良時代 447

天皇との関係から古代国家の姿を描く!

著者:十川 陽一
 
平安初期の王権と文化

平安初期の王権と文化

警察機構と王権関係を追究。国史編纂を照射

著者:笹山 晴生
 
 
平城京成立史論

平城京成立史論

文献史料を精査し、古代都市の実像に迫る

著者:北村 優季
 
奈良の都と天平文化

奈良の都と天平文化 3

国際色豊かな文化と律令国家体制の内実

著者:西宮 秀紀
 
 
若い人に語る奈良時代の歴史

若い人に語る奈良時代の歴史

歴史教科書とは一味違う古代史の魅力を再現

著者:寺崎 保広
 
奈良時代の政争と皇位継承

奈良時代の政争と皇位継承

天皇権力と専権貴族の政治闘争の実態に迫る

著者:木本 好信
 
 
都はなぜ移るのか

都はなぜ移るのか 333

動く都から動かない都へ…。その転換に迫る

著者:仁藤 敦史
 
平城京の時代

平城京の時代 2

首都・仏都・国際都市…。古都奈良のすべて

著者:田辺 征夫
佐藤 信
 
 
史跡で読む日本の歴史 4

史跡で読む日本の歴史 4

平城遷都1300年。古都の全貌が明らかに

著者:佐藤 信
 
平城京に暮らす

平城京に暮らす 288

飲食、労働、病気…。都に暮らす人々の姿

著者:馬場 基
 
 
奈良

奈良 3

数多い観光案内書にあきたらぬ方々に最適

著者:永島 福太郎
 
長屋王

長屋王 221

奈良期の皇族政治家。邸宅跡発掘交えて描く

著者:寺崎 保広
 
 
藤原不比等

藤原不比等 212

律令国家の基礎を築いた稀代の大政治家伝

著者:高島 正人
 
鑑真

鑑真

唐僧、唐招提寺開祖の伝

著者:安藤 更生
 
 
藤原仲麻呂

藤原仲麻呂

悲劇の宰相の生涯から奈良朝史の秘鍵を解く

著者:岸 俊男
 
和気清麻呂

和気清麻呂

勝れた古代革新政治家の真面目新たに成る。

著者:平野 邦雄
 
 
光明皇后

光明皇后

聖武天皇の皇后、天平のヒロインの生涯

著者:林 陸朗
 
吉備真備

吉備真備

入唐留学19年、時代と共に異数な生涯描く

著者:宮田 俊彦
 
 
行基

行基

諸国行脚、社会事業史に輝く奈良時代高僧伝

著者:井上 薫
 
律令国家と天平文化

律令国家と天平文化 4

奈良時代の実像と華麗なる天平美術の世界

著者:佐藤 信
 
 

このページのトップへ