安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 「国語」という呪縛

「国語」という呪縛 290

国語から日本語へ、そして○○語へ

「国語」という呪縛

「国語」とは何か。幻想の「純粋な和語」、侵略戦争と日本語教育、「日本語=日本文化」という図式…。言語の境界を越える道を探る。

著者 川口 良
角田 史幸
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
国語・国文学 > 国語・日本語
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 文化史・誌
出版年月日 2010/01/20
ISBN 9784642056908
判型・ページ数 4-6・224ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

日本語を再び考える―プロローグ/国語とは何か(はじめに/国語と国家公用語/国語と「標準語」)/国語から日本語へ(国語と和語をめぐって/国語科か日本語科か)/ 国語とは何か(「外」から見た「日本語」/侵略戦争と日本語教育)/日本語から○○語へ(温存されるキーワード「民族」「日本精神」「日本文化」「日本語」/境界を越えて―日本語の解体―)

このページのトップへ

内容説明

「国語」とは何か。それは明治期の国民国家形成の過程で、多様な言語を切り捨て人為的に作り出されたものだった。幻想に過ぎない「純粋な和語」や内向きの国語教育などから「国語」の意味を問い直す。さらに侵略戦争と日本語教育や「日本語=日本文化」という図式から「日本語」の暴力性を問い、言語の境界を越えた「○○語」への可能性を探る。

このページのトップへ

関連書籍

昭和を騒がせた漢字たち

昭和を騒がせた漢字たち 241

制定された「当用漢字」をめぐる事件の数々

著者:円満字 二郎
 
日本語はだれのものか

日本語はだれのものか 190

変わりゆく日本語の豊かさ、美しさを説く

著者:川口 良
角田 史幸
 
 

このページのトップへ