安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > <近代沖縄>の知識人

<近代沖縄>の知識人 292

島袋全発の軌跡

<近代沖縄>の知識人

琉球処分から米軍占領期までを生きた島袋全発。伊波普猷らとの交流や帝国主義・ナショナリズムとの戦い。沖縄びとであり続けた生涯!

著者 屋嘉比 収
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 近・現代史
出版年月日 2010/02/19
ISBN 9784642056922
判型・ページ数 4-6・240ページ
定価 本体1,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

沖縄学の群像―プロローグ/知識人・全発の誕生―文明開化から植民地時代へ(幼少時代から第七高造士館時代まで/国家観と民族観の相克―太田朝敷、伊波普猷との認識の相違/京都帝国大学法科学生時代)/教育と南島研究の時代(帰郷後の全発の活動/昭和戦前期の郷土研究への沈潜)/戦時体制と沖縄方言論争(総動員体制期における言論/戦時体制下、戦場での全発)/戦後を生きる全発(沖縄民政府時代/戦後の活動)/沖縄近現代史とは何か―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

沖縄びとは、琉球処分後の同化政策から沖縄戦、米軍占領下という沖縄近現代史をどう生き抜いたのか。過酷な時代をシマのなかで活動し続けた郷土史家・島袋(しまぶくろぜんぱつ)全発の生涯を追い、伊波普猷(いはふゆう)・東恩納寛惇(ひがしおんなかんじゅん)ら代表的な知識人との交流や帝国主義・ナショナリズムとの戦いから沖縄の近代思想を浮かび上がらせる。沖縄の過去と現在をむすびつける「思想史」入門。

Innocent〔編集の現場から〕沖縄の近代とは何か?                                                   いうまでもなく、私たちの生きている、国家・政治システム・学校など様々な制度の起源は、近代にあるといえます。人間としての生き方を追究しようというとき、やはり「近代批判」というのは避けて通れない道なのです。沖縄に生まれた思想家たちは、近代というものを思考するばあい、たとえば「日本を愛すること」と「沖縄を愛すること」の間に分断され、近代ナショナリズムを受容すべきかどうか二重に煩悶することになりました。しかし、今私たちが生きているこの21世紀では、彼らの悩みは人ごとではありません。たとえば世界経済のボーダーレス化や東アジア共同体構想などをどう考えるかというとき、その〈境界〉に位置してきた沖縄の存在は、大いにクローズアップされるべきだと思うし、なぜ沖縄論が人気なのかの理由もここにあると思います。基地(地獄)と青い空(楽園)が共存する沖縄。やっぱり応援したくなります。

このページのトップへ

関連書籍

〈沖縄〉基地問題を知る事典

〈沖縄〉基地問題を知る事典

40のテーマで様々な疑問に答える読む事典

 
沖縄 空白の一年

沖縄 空白の一年

戦後なき沖縄の原点、「空白の1年」に迫る

著者:川平 成雄
 
 
沖縄戦 強制された「集団自決」

沖縄戦 強制された「集団自決」 275

教科書検定で大波紋。真相と全体像を解明

著者:林 博史
 
天皇・天皇制・百姓・沖縄

天皇・天皇制・百姓・沖縄

天皇制の本質、中世百姓、近現代の沖縄とは

著者:安良城 盛昭
 
 
琉球・沖縄と海上の道

琉球・沖縄と海上の道 56

海上交通ネットワークの要=琉球・沖縄の姿

 
沖縄民俗辞典

沖縄民俗辞典

沖縄社会のすべてを知る、初めての民俗辞典

 
 
琉球・沖縄史の世界

琉球・沖縄史の世界 18

自立した視点から描くの琉球・沖縄史

著者:豊見山 和行
 
 

このページのトップへ