安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本開国史

日本開国史

日本開国史

黒船渡来から日米通商条約締結までの過程を、国内外の政局に留意し詳細にあとづける。米国の原史料に当たり、精密に叙述された名著。

著者 石井 孝
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化セレクション
出版年月日 2010/04/15
ISBN 9784642063616
判型・ページ数 4-6・446ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

1853年の黒船渡来から1858年の日米通商条約締結にいたる開国の過程を、とくに内政と外交の絡み合う関係に留意しつつ詳細にあとづけた。米国議会文書等の原史料に当たるなど、精密な叙述が徹底された名著。

 

このページのトップへ

関連書籍

開国と条約締結

開国と条約締結 70

“大号令”を再検証し幕末の対外政策を解明

著者:麓 慎一
 
和親条約と日蘭関係

和親条約と日蘭関係

和親条約成立の過程を日蘭関係に着目し追究

著者:西澤 美穂子
 
 
開国前夜の世界

開国前夜の世界 5

一艘の英国船の漂着から始まる〈開国〉の道

著者:横山 伊徳
 
明治維新と横浜居留地

明治維新と横浜居留地

横浜に駐留した英・仏軍の4200日を描く

著者:石塚 裕道
 
 
ペリー来航

ペリー来航 62

未曾有の危機に直面した日本の経験と知恵

著者:三谷 博
 
安政の大獄

安政の大獄 46

大獄の真相を派閥の観点から解明する

著者:吉田 常吉
 
 
井伊直弼

井伊直弼 6

開国の元勲か国賊か。全生涯を探る

著者:母利 美和
 
それでも江戸は鎖国だったのか

それでも江戸は鎖国だったのか 262

異文化交流サロンの全貌と集う人々を描く

著者:片桐 一男
 
 
井伊直弼

井伊直弼

開国の先覚か違勅の元凶か? 実像に迫る

著者:吉田 常吉
 
ハリス

ハリス

アメリカの初代日本総領事。辣腕外交家の伝

著者:坂田 精一
 
 
黒船がやってきた

黒船がやってきた 191

溢れる関心と好奇心で情報を求めた民衆の姿

著者:岩田 みゆき
 
黒船来航と音楽

黒船来航と音楽 119

泰平の眠りを覚ました西洋音楽!

著者:笠原 潔
 
 

このページのトップへ