安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 永青文庫叢書 細川家文書 中世編

永青文庫叢書 細川家文書 中世編

永青文庫叢書 細川家文書 中世編

細川家一門の室町期文書を完全収録。信長の直筆文書や本能寺の変をめぐる光秀・秀吉書状などの細川幽斎関係文書ほか貴重な260点!

著者 熊本大学文学部附属永青文庫研究センター
ジャンル 日本歴史 > 史料・史料集
シリーズ 史料・史料集 > 永青文庫叢書
出版年月日 2010/04/23
ISBN 9784642014113
判型・ページ数 A4・392ページ
定価 本体16,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序文…細川護煕/史料編 鎌倉・室町期文書/永源庵宛寄進状/織豊期文書/解説/永青文庫所蔵の「中世文書」…山田貴司/永青文庫所蔵の「織豊期文書」…稲葉継陽/跋文…甲元眞之/編年文書目録

このページのトップへ

内容説明

足利将軍を支えた細川家一門の動向を伝える室町期文書を完全収録。自筆書状を含む織田信長文書59通や本能寺の変をめぐる明智光秀・豊臣秀吉の文書、古今伝授や武家故実に関する史料など、戦国時代屈指の文化人=細川幽斎の関係文書をはじめ、貴重な260点を写真入りで一挙公開。室町・戦国期の政治動向や伝統文化を知るための待望の史料集。

【永青文庫叢書とは?】
旧熊本藩主細川家に伝来し、熊本大学に寄託される4万3000点を超える文化財コレクション。細川幽斎没後400年、中・近世の政治・文化を知る貴重な資料群を、最新の調査結果に基づき、写真入り翻刻により順次公刊する。
〈続刊予定〉絵図・地図1/細川家文書近世初期史料編/絵図・地図2/有職故実 (毎年1冊刊行予定)

必見! 注目史料の数々
*『政基公旅引付』で有名な室町期和泉守護細川家の家伝文書群、同家菩提寺の建仁寺永源庵の文書群を完全収録
*細川(長岡)藤孝らに充てた織田信長文書約60通
―その中には、信長自筆であることが側近の添状で明らかな感状や、「猿」(秀吉か)が登場する文書、織田大名細川氏の権力構造を示す文書も収載
*明智光秀が本能寺の変直後に細川父子へ出した文書
―本能寺の変研究の基本資料であり、ドラマチックな人間模様が魅力
*光秀を倒した羽柴秀吉が、その直後に細川父子へ出した血判起請文
―政治史の一級史料
*細川幽斎の古今伝授関係文書、及び丹後田辺籠城時の貴重な自筆書状案
*関ヶ原合戦時に、徳川家康が石田三成を生捕にしたことを、細川忠興にいち早く知らせた書状

…その他にも、室町将軍側近で細川幽斎の推挙で江戸幕府に仕え武家故実を伝授した曽我家、新陰流の家元で織田信忠や豊臣秀次に剣術を伝授した疋田家(近世細川家に寄寓)等、注目すべき文書群も満載

詳しい収録史料はこちらをご覧下さい(『内容案内より』 PDF)。

このページのトップへ

関連書籍

日本近世の領国地域社会

日本近世の領国地域社会

200年以上の展開過程を追究する

 
 
細川家の歴史資料と書籍

細川家の歴史資料と書籍

歴史学と文学の両分野から総合的に分析する

著者:森 正人
稲葉 継陽
 
 
永青文庫叢書 細川家文書 近世初期編

永青文庫叢書 細川家文書 近世初期編

元和7年以降の発給文書など261点を収録

 
 
細川頼之

細川頼之

室町幕府の基礎固めた、名宰相の伝

著者:小川 信
 
中世後期細川氏の権力構造

中世後期細川氏の権力構造

成立から解体まで、通説を批判しつつ解明

著者:古野 貢
 
 

このページのトップへ