安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 古事類苑新仮名索引

古事類苑新仮名索引

古事類苑新仮名索引

これなら使える! わが国最大の百科史料事典の索引を新仮名の50音順に並べ替え、旧版に存在した誤りも訂正。利便性を高めた新版!

著者 倉本 一宏
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 史料・史料集
出版年月日 2010/04/27
ISBN 9784642014564
判型・ページ数 A5・726ページ
定価 本体13,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

わが国最大の百科史料事典「古事類苑」は、高い資料価値を持つ。その索引は、旧仮名遣いで配列されているため、使いにくいとの意見がもっぱらであった。本索引は、その要望に応え、すべての項目を新仮名遣いの50音順に並べ替え、旧版に数多く存在した誤りを訂正した。「古事類苑」の利便性と価値を大きく拡げる待望の「新仮名索引」誕生!

【特色】
▽調べやすくなりました
2、3回、あちこちを彷徨しないと、目指す項目に到達できないこともあった旧仮名項目。新仮名の五十音順に並べ替えることで、検索のわずらわしさが激減します。

▽正確になりました
旧版索引には読み・部門・冊数・頁数の誤りが984箇所ありました。国際日本文化研究センターの「古事類苑関係データベース」を参照してすべての項目を調べ直し、正しい部門・冊数・頁数を確定しました。

※詳しくは『内容案内』をご請求下さい。


 

 

『古事類苑』がもっと便利に!  倉本一宏

『古事類苑』は、明治時代に編纂された類書(一種の百科事典)である。約64,000項目が分野別に編纂されており、各部門の項目について、前近代(明治以前)のさまざまな文献を引用している。
1879年(明治12)、文部省によって編纂が始められ、東京学士院、皇典講究所、神宮司庁と事業が引き継がれた。編纂中の1896年(明治29)から順次刊行が始まり、1914年(大正3)まで刊行。和装本で本文350冊(他に総目録・索引が5冊)、洋装本で50冊(他に総目録・索引1冊)になる。第二次世界大戦後、吉川弘文館から4度復刻された。

内容は、天部、歳時部、地部、神祇部、帝王部、官位部、封禄部、政治部、法律部、泉貨部、称量部、外交部、兵事部、武技部、方技部、宗教部、文学部、礼式部、楽舞部、人部、姓名部、産業部、服飾部、飲食部、居処部、器用部、遊戯部、動物部、植物部、金石部の30部門からなる。それぞれの項目に簡単な説明を付け、六国史以降、明治以前の文献から、参考になる箇所を引用している。

その内容は、前近代日本のほとんどすべての分野にわたり、適切に引用された史料、簡にして要を得た綱文など、前近代の日本について調べる際には、必読の書である。
その索引は、64,245項目について、部門・冊数・頁数を示したもので、本文に踏み込む際に必ず使用しなければならないグッズであった。ただし、これまでの旧版の索引は、旧仮名遣いで配列されていたうえに、誤りも多く、使いにくいとの声がもっぱらであった。

今回の『新仮名索引』は、すべての項目を新仮名遣いで読み直し、読み・部門・冊数・頁数の誤りを正したうえで、新仮名遣いに基づいて配列し直したものである。これを使用することによって、『古事類苑』という知の大海に、容易に踏み込むことができるであろう。

このページのトップへ