安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > よくわかる古文書教室

よくわかる古文書教室

江戸の暮らしとなりわい

よくわかる古文書教室

江戸時代に生きた人々の生活を、くずし字解読のヒントを手がかりに古文書34点から読み解く。歴史がますます面白くなる古文書入門

著者 佐藤 孝之
実松 幸男
宮原 一郎
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
日本歴史 > 古文書学
出版年月日 2008/09/15
ISBN 9784642079945
判型・ページ数 A5・240ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はじめに/凡例/村の暮らしとなりわい/山の暮らしとなりわい/鉄砲を持ち歩く/松茸山の争い/江戸城に炭を上納/御林を見廻る/檜を売り渡す/川の暮らしとなりわい/殿様の船を買い上げ/年貢米を江戸へ/千曲川にかかる橋/若者たちの禁断の魚とり/沼の開発と網漁/海の暮らしとなりわい/浜芝の境を決める/浜の魚商人/イサキ釣りと網漁/流木に備える浦々/摂州神戸の酒荷が漂着/伊豆大島に漁船が避難/町の暮らしとなりわい/町の防火は土蔵造りから‐江戸/祇園祭で神輿大暴れ-京都/町方支配の基本を定める-金沢/綿問屋にライバル現る-平野郷町/豆腐屋の値上げ-桐生新町/香具師の掟/暮らしの事件簿-村の紛争解決と駈込寺/妻が失踪か/酒に酔って悪口/自立を求める闘い/博奕に負けて出奔/灰小屋より出火/娘を盗み出す

このページのトップへ

内容説明

村では堤防の決壊に打ちひしがれる農民、山では鉄砲を持ち徘徊する男、川では禁断の魚採りを咎められた若者、海では嵐で伊豆大島に避難した船乗り、町では祇園祭で大暴れの神輿担ぎ、江戸時代に生きた人々の生活に視点をすえ、くずし字解読のヒントと現代語訳を手がかりに興味尽きない古文書34点を読み解く古文書入門。(天野出版工房発行)

このページのトップへ

関連書籍

花押・印章図典

花押・印章図典

古より使われたサインとはんこ約2400点

 
日本史を学ぶための古文書・古記録訓読法

日本史を学ぶための古文書・古記録訓読法

変体漢文を訓読するための初のガイドブック

 
 
姓氏・家紋・花押

姓氏・家紋・花押

古文書読解の要点が学べる格好の入門書!

著者:荻野 三七彦
 
暮らしの中の古文書

暮らしの中の古文書

社会のと人々の姿を描き出す古文書解読入門

著者:浅井 潤子
 
 
古文書の語る地方史

古文書の語る地方史

一点の古文書から村や町地域の歴史を描く

著者:佐藤 孝之
 
武士と大名の古文書入門 

武士と大名の古文書入門 

武家文書を素材に解読力が身に付く入門書!

著者:新井 敦史
 
 
ステップアップ 古文書の読み解き方

ステップアップ 古文書の読み解き方

古文書読解に必須の30キーワード

 
はじめての古文書教室

はじめての古文書教室

こんなテキストを待っていた。最強の入門書

著者:林 英夫
 
 

このページのトップへ