安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本中世の国家と仏教

日本中世の国家と仏教

日本中世の国家と仏教

中世的特質を浮彫りにし、新旧仏教を含めた中世仏教の全体像を再構築。仏教を抽象的な思想レベルで把える傾向に一石を投じた書。

著者 佐藤 弘夫
ジャンル 日本歴史 > 中世史
シリーズ 歴史文化セレクション
出版年月日 2010/09/15
ISBN 9784642063661
判型・ページ数 4-6・310ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

中世仏教への道(古代寺院から中世寺院へ〈二つの絵巻/中世的寺院の形成〉/仏法王法相依論の成立〈仏法王法相依論とは何か/仏法と王法/仏法王法相依論の歴史的位置/「仏土の論理」と仏法王法相依論〉/荘園制支配と仏神〈寺領を守る仏神/権門寺院と民衆/仏法人法相依論の成立/仏法・王法・人法〉以下細目略/聖の宗教活動/数学の動向)/専修念仏の成立(鎌倉仏教研究の現状と課題/法然の宗教の成立/法然と反法然/法然門下の数学)/改革運動の展開(院政期の旧仏教/改革運動の展開(一)/改革運動の展開(二)/日蓮の登場/中世仏教における正統と異端)/中世後期における国家と仏教(旧仏教の動向/禅の勃興/新仏教教団の展開)/中世仏教の終焉(一向一揆と統一権力/中世仏教とは何か)

このページのトップへ

内容説明

「国家と仏教」という視座に立ち、10世紀から16世紀までの広い期間を展望。その中世的特質を浮き彫りにし、新旧仏教を含めた中世仏教の全体像を再構築する。仏教を抽象的な思想レベルで把える傾向に一石を投じた書。

このページのトップへ

関連書籍

室町期顕密寺院の研究

室町期顕密寺院の研究

東寺と東大寺は政治・社会にどう対応したか

著者:西尾 知己
 
 

このページのトップへ