安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 室町戦国期の社会構造

室町戦国期の社会構造

室町戦国期の社会構造

室町期荘園制論や戦国期守護論、各地域の特殊性、「惣無事」再検討等15論考。新たな社会統合・秩序形成が行われた地域社会を解明。

著者 池 享
ジャンル 日本歴史 > 中世史
出版年月日 2010/10/01
ISBN 9784642028912
判型・ページ数 A5・352ページ
定価 本体13,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

まえがき…池 享/Ⅰ室町期の社会と権力(一五世紀大内氏分国における代官請負制について…藤井 崇/中世宇佐弥勒寺における神功皇后裳腰伝承をめぐって…徳永健太郎/上杉禅秀の乱考…植田真平/室町幕府法における「安堵」…松園潤一朗)/Ⅱ戦国期社会の構造(戦国時代の盛期はいつなのか…則竹雄一/戦国期における在地領主と地域社会…菊池浩幸/戦国期における菅浦の借銭問題…銭 静怡/後北条領国における聖護院門跡と山伏…近藤祐介/戦国大名今川氏の特別賦課…糟谷幸裕)/Ⅲ戦国期社会の変容(戦争経済と兵粮・軍隊…久保健一郎/戦国末期における朝廷・天皇の政務運営…神田裕理/毛利輝元と吉川家…村井祐樹/出羽国「庄内問題」再考…竹井英文/一六世紀後半京都における金貨の確立…川戸貴史)/Ⅳ戦国期社会の記憶(豊臣秀吉像の創出…池 享)/あとがき…菊池浩幸

このページのトップへ

内容説明

九〇年代から学界の焦点であった室町戦国期の地域社会を解明するべく、第一線で活躍する研究者たちが集い、テーマや対象地域の違いを越えて論じ合う。近年提起される室町期荘園制論や戦国期守護論、今川・後北条や大内・毛利など各地域の特殊性、「惣無事」の再検討など、新たな社会統合・秩序形成が行われた地域社会の実像に迫る一五論考を収録。

このページのトップへ

関連書籍

小田原合戦と北条氏

小田原合戦と北条氏 10

秀吉政権に徹底抗戦した北条氏の興亡を描く

著者:黒田 基樹
 
織豊政権と東国社会

織豊政権と東国社会

惣無事令論を再検討。境目地域論なども言及

著者:竹井 英文
 
 
戦国期の地域社会と権力

戦国期の地域社会と権力

土豪などの中間層に注目して描く戦国期社会

著者:池 享
 
 

このページのトップへ