安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本古代氏族人名辞典 普及版

日本古代氏族人名辞典 普及版

日本古代氏族人名辞典 普及版

大化前代から律令時代までに登場した氏族・人物から重要な2800項目を収録。全項目に訓みを付け、平易に解説した待望の新装復刊。

著者 坂本 太郎
平野 邦雄
ジャンル 日本歴史 > 辞典・事典・年表・地図
出版年月日 2010/11/19
ISBN 9784642014588
判型・ページ数 菊判・760ページ
定価 本体4,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

大化前代から律令時代までに登場した氏族・人物から重要な2800項目を収録。全項目に訓(よ)みを付け、わかりやすく解説する。氏族名は、姓(カバネ)・発祥の由来・職掌(しょくしょう)・改氏姓の経緯・同族関係など、人名は、生没年・父母・履歴・活動内容まで記述し、適宜参考文献を掲げた。氏族名・人名の索引および主要・難読一覧を付載。古代史を知るために必備の辞典。

 カタログのデータ(PDF)をダウンロードできます。
 ダウンロード(9.8MB)

このページのトップへ

関連書籍

古代豪族葛城氏と大古墳

古代豪族葛城氏と大古墳

畿内の最有力豪族の実態を考古資料から描く

著者:小笠原 好彦
 
日本古代の氏族と系譜伝承

日本古代の氏族と系譜伝承

『円珍俗姓系図』などから実態と諸相に迫る

著者:鈴木 正信
 
 
古代日本の勝者と敗者

古代日本の勝者と敗者 4

有力氏族=大伴氏は、「負け続けた」のか?

著者:荒木 敏夫
 
苗字の歴史

苗字の歴史

意味・由来・分布・歴史を分かりやすく解説

著者:豊田 武
 
 
日本古代中世人名辞典

日本古代中世人名辞典

卑弥呼~ガラシャまで3372人を網羅

 
 

このページのトップへ