安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 家康公伝 1 関ヶ原の勝利

家康公伝 1 関ヶ原の勝利

家康公伝 1 関ヶ原の勝利

読みやすい本文に加え、各巻解説、詳細な用語一覧など多彩な付録を収載。多くの研究者、歴史ファン待望の〈現代語訳〉ついに誕生!

著者 大石 学
佐藤 宏之
小宮山 敏和
野口 朋隆
ジャンル 日本歴史 > 史料・史料集
シリーズ 現代語訳 徳川実紀
出版年月日 2010/11/30
ISBN 9784642018111
判型・ページ数 4-6・240ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

徳川家康の出自/六宮権現のこと/源義国のこと/源義重のこと/源義季のこと/世良田頼氏のこと/世良田教氏、徳川氏とも称する/世良田家時のこと/世良田満義のこと/世良田右京亮政義のこと/世良田修理量親季・世良田左京亮有親のこと/世良田三郎親氏のこと/酒井五郎左衛門のこと/親氏、松平太郎左衛門と称する、徳川氏の発祥/太郎左衛門泰親、三河守に任じられる/松平泰親の子/竹谷松平家の祖/右京亮親忠、嗣子に定められる/形原松平家の祖/大草松平家の祖/御油松平家・深溝松平家の祖/能見松平家の祖/長澤松平家の祖/安祥城を攻略/大給松平家の祖/出雲守長親、家督を相続する/四男親房・五男超誉のこと/西福釜松平家の祖/瀧脇松平家の祖/井田野の戦い/福釜松平家の祖/桜井松平家の祖/東条松平家の祖/藤井松平家の祖/長親、今川氏の親軍を退ける/長親、出家のこと/信忠長男清康のこと/三木松平家の祖/鵜殿松平家の祖/信忠、出家のこと/清康、家督を継ぐ/安祥三郎殿のこと/清康、東三河に侵攻/清康、岩崎・野呂・宇野城攻め/清康、武田の武虎と友好関係を結ぶ/清康、尾張へ侵攻/守山崩れ/阿部弥七、清康を殺害のこと/広忠の誕生/清康の弔い/広忠、後継となる/岡崎勢、織田勢を破る/内膳正信定、政務を専横する/広忠、諸国を流浪する/広忠を岡崎に迎え入れる/家康の誕生/家康、幼名竹千代と名付けられる/北の方を水野家へ返す/広忠、夫人水野氏を離別のこと/広忠の子/岩松八弥、広忠を襲う/植村新六郎、岩松八弥を成敗する/内膳信孝、威権をほしいままにし、老臣これを妬み嫌う/織田信秀、三河へ侵攻/戸田康光、家康を尾張へ送る/織田信秀、家康を万松寺に幽閉する/広忠死去、大樹寺に葬られる/今川義元、大軍を率いて安祥を攻める/織田信長、家督を相続する/家康、今川家の人質となる

このページのトップへ

内容説明

初代将軍家康から始まる
江戸幕府の大編年史を、初めて現代語訳化!
人質から将軍へ―。
“鳴くまで”堪え忍んだ家康の成功譚

現代語訳 徳川実紀
家康公伝
全5巻

江戸幕府編纂の将軍列伝『徳川実紀』。その巻頭を飾る初代家康の伝記が初めて現代語訳で甦る。読みやすい本文に加え、各巻解説、人名・地名・事項を詳説した用語一覧など多彩な付録を収載。人質から将軍へ、波乱の生涯とさまざまなエピソード…。読むほどに天下人家康の人間像と、戦国末期のすがたが身近になる、待望の〈現代語訳〉ついに誕生!

本シリーズの特色
徳川将軍の伝記史料を、初めて現代語訳
歴代将軍の事績を知る基本史料でありながら、一般読者には難解な平仮名交り文で綴られた『徳川実紀』。その本文が、誰でも読める現代語で初めて甦る。

幕府の、幕府による、幕府のための家康伝
苦難の幼少期から、関ヶ原の勝利、江戸開府、家康をめぐる人々まで、幕府の意図によって編纂された家康伝を、分かりやすい現代語で読み解く。

どこから読んでも楽しめる全巻構成
『家康公伝』全5巻には、家康の事績をまとめた『東照宮御実紀』全10巻と、逸話などを収めた『東照宮御実紀附録』全25巻を収録。一冊一冊が家康とその時代を浮き彫りにする。

『徳川実紀』とその時代を知る豊富な手引き
第1巻には『家康公伝』のすべてがわかる総説を収載。また、各巻ではその巻の内容や時代背景を紹介。本文の記事一つ一つの意味が明確になる。

本文の理解を深める詳細な用語一覧
本文に見える人名・地名・歴史用語を、第一線の研究者たちが用語一覧で詳細かつ平易に解説。『徳川実紀』はもちろん、戦国末期から江戸初期への理解がいっそう深まる。

多様な地図・系図を収録
本文の理解に必要不可欠な地図・系図などの図表を多数収録。また、『徳川実紀』編纂の際に引用された出典史料を解説するなど、読者の知的好奇心に応える。

【全巻の構成】
現代語訳徳川実紀
家康公伝1 関ヶ原の勝利

現代語訳徳川実紀
家康公伝2 江戸開府

現代語訳徳川実紀
家康公伝3 【逸話編】 三河から関東の覇者へ

現代語訳徳川実紀
家康公伝4 【逸話編】 関ヶ原と家康の死

現代語訳徳川実紀
家康公伝5 【逸話編】 家康をめぐる人々

このページのトップへ

関連書籍

関ヶ原合戦と石田三成

関ヶ原合戦と石田三成 12

「武家家格」から迫る天下分け目の戦の真実

著者:矢部 健太郎
 
徳川家康と関ヶ原の戦い

徳川家康と関ヶ原の戦い

東西両軍が激突した古戦場を訪ね歩く

著者:本多 隆成
 
 
家康公伝 5 【逸話編】家康をめぐる人々

家康公伝 5 【逸話編】家康をめぐる人々

さまざまな人々とのエピソード。全5巻完結

 
家康公伝 4  【逸話編】関ヶ原と家康の死

家康公伝 4 【逸話編】関ヶ原と家康の死

幕府の礎を築く中で家康は息を引き取る

 
 
家康公伝 3 【逸話編】三河から関東の覇者へ

家康公伝 3 【逸話編】三河から関東の覇者へ

人質~関ヶ原の戦い前夜までの逸話編第一冊

 
家康公伝 2 江戸開府

家康公伝 2 江戸開府

将軍職を世襲化し、豊臣家を討つと決意する

 
 
定本 徳川家康

定本 徳川家康

研究史をふまえ詳細に叙述した最新の家康伝

著者:本多 隆成
 
神君家康の誕生

神君家康の誕生 256

なぜ家康は神になったのか

著者:曽根原 理
 
 
徳川実紀 第一篇

徳川実紀 第一篇 38

体系的に網羅した日本史研究の根本史料!

 
新輯 徳川家康文書の研究

新輯 徳川家康文書の研究

家康研究に不可欠の文書を採録し解説する

著者:徳川 義宣
 
 
新修 徳川家康文書の研究 第2輯

新修 徳川家康文書の研究 第2輯

家康文書・参考文書計506点収録。解説付

著者:徳川 義宣
 
徳川実紀索引 人名編〈合本新装版〉

徳川実紀索引 人名編〈合本新装版〉

江戸時代研究の基本史料―待望の事項索引

著者:徳川実紀研究会
 
 
徳川実紀索引 幕末編

徳川実紀索引 幕末編

江戸時代研究の基本史料―待望の事項索引

著者:徳川実紀研究会
 
徳川実紀事項索引 上 あ-し

徳川実紀事項索引 上 あ-し

約81万語を網羅的に収載した待望の索引

 
 
徳川実紀事項索引 下 す-を

徳川実紀事項索引 下 す-を

約81万語を網羅的に収載した待望の索引

 
 

このページのトップへ