安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 山上憶良

山上憶良 266

山上憶良

奈良時代の歌人。大宰帥大伴旅人との交流から生まれた作品群を読み解き、人間の情や生老病死と向き合う独自の作風と貴き生涯を追う。

著者 稲岡 耕二
ジャンル 日本歴史 > 伝記
シリーズ 人物叢書 > 古代
出版年月日 2010/11/29
ISBN 9784642052597
判型・ページ数 4-6・336ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はしがき/序 布衣の交わり―憶良と旅人(梅花の宴〈「先づ咲く宿の梅の花」/「梅花落」と憶良・旅人/谺のように〉以下細目略/「遊於松浦河序」と憶良書簡)/筑前守以前(憶良をめぐる諸問題)/筑紫のめぐりあい(憶良の筑前守就任/旅人の太宰府赴任/旅人の「報区問歌」と憶良の「日本挽歌」/「嘉摩郡撰定」の三部作/長屋王の変前後)/天平二年―宴と別れ(天平二年七月八日の七夕歌/旅人の上京と死/天平三年の憶良―熊凝哀悼歌)/致仕以後の憶良(貧窮問答歌の制作/「好去好来歌」の謹上/憶良の絶筆三作―死の淵から)/おわりに―山上憶良逝く(辞世歌―「士やも空しかるべき」/捕論 掌中の玉―恋男子名古日歌)/略年譜

このページのトップへ

関連書籍

柿本人麻呂

柿本人麻呂 288

『万葉集』を手がかりに謎多き生涯に迫る

著者:多田 一臣
 
万葉集と歌人たち

万葉集と歌人たち 12

額田王・人麻呂・憶良・家持らの真実の姿

著者:直木 孝次郎
 
 
直木孝次郎と奈良・万葉を歩く 春夏

直木孝次郎と奈良・万葉を歩く 春夏

古代のロマンあふれる14コースを道案内

著者:直木 孝次郎
 
直木孝次郎と奈良・万葉を歩く 秋冬

直木孝次郎と奈良・万葉を歩く 秋冬

古代史研究の大家おすすめの14コース

著者:直木 孝次郎
 
 
額田王

額田王 249

二人の皇子に愛された『万葉集』女流歌人伝

著者:直木 孝次郎
 
紀貫之

紀貫之

生涯と業績を検討。貫之復権の先駆けをなす

著者:目崎 徳衛
 
 
万葉集と古代史

万葉集と古代史 94

古代史の碩学が語る万葉人の世界

著者:直木 孝次郎
 
 

このページのトップへ