安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 樹皮の文化史

樹皮の文化史

樹皮の文化史

縄紋時代から現代まで、樹皮はいかに利用されてきたのか。加工技術の全容を解明し、利用例を考察。樹皮加工技術文化を体系づけた。

著者 名久井 文明
ジャンル 日本歴史
シリーズ 歴史文化セレクション
出版年月日 2011/01/18
ISBN 9784642063708
判型・ページ数 A5・278ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はじめに/暮らしの中の樹皮利用(江戸時代以前の樹皮利用〈古代の樹皮利用/十六世紀以降の樹皮利用〉/近現代の樹皮利用〈器物を製作する類/樹皮の非成形的利用〉)/日本樹皮加工技術の体系(伝統的樹皮採取法〈樹皮採取の適期/樹皮採取法の二大別―剥離法と抜き取り法〉/伝統的樹皮利用法〈剥離法で得た樹皮の利用技術/抜き取り法で得た樹皮の利用技術/樹皮加工技術の体系〉)/縄紋時代の樹皮加工(遺物から観察される樹皮加工技術〈縄紋時代の樹皮加工技術/縄紋時代の樹皮採取法〉/縄紋時代から継承された植物性素材の組織方法〈植物性素材の組織方法に見られる縄紋時代と近現代の共通性/植物性素材の組織方法に見られる縄紋時代以降の連続性/縄紋時代からの連続性とその意味〉)/おわりに/初版『樹皮の文化史』その後…名久井文明

このページのトップへ

内容説明

かつて樹皮は日常的に使用されていた。暮らしの中での利用法を古老からの聞き取りに学び、加工技術の全容を明らかにする。さらに縄紋時代から近現代までの樹皮利用例を考察し、日本の樹皮加工技術文化を体系づけた。

このページのトップへ

関連書籍

樹木と暮らす古代人

樹木と暮らす古代人 434

「里山」を創り出した古代人の木材活用術!

著者:樋上 昇
 
伝承された縄紋技術

伝承された縄紋技術

「民俗考古学」の手法で様ざまな技術を解明

著者:名久井 文明
 
 

このページのトップへ