安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 近世分家大名論

近世分家大名論

佐賀藩の政治構造と幕藩関係

近世分家大名論

佐賀藩鍋島家の本分家と幕府の三者関係を、分家の役割、同族結合と主従制など多面的に分析。幕藩体制の権力構造を総合的に解明する。

著者 野口 朋隆
ジャンル 日本歴史 > 近世史
出版年月日 2011/02/01
ISBN 9784642034470
判型・ページ数 A5・310ページ
定価 本体11,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章 研究史の整理と本書の課題/分家の創出と権力編成(三家の創出とその存在意義〈分家の創出と江戸参府/三家の江戸における活動とその役割/鹿島家正茂の分離と幕府の認識〉/幕府権力と三家〈「部屋住格」の三家/「部屋住格」大名から大名へ格式の上昇〉以下細目略/幕藩領主における恩赦の構造と変容/近世中期鍋島家の本家・分家関係と親類大名)/佐賀藩領内における本分家関係(「三家格式」再考/小城郡代と小城郡支配/小城鍋島家の「与」編成と身分格式の成立/鹿島鍋島家の吸収合併計画から見る三家の存在形態)/「御家」に対する帰属意識の形成(『葉隠』にみる「譜代」と「新参」/先祖の戦功をめぐる「御家」内の動向について/終章 本書のまとめ

このページのトップへ

内容説明

分家大名は本家によって創出され、本家を守る藩屏となり、一門として本家当主にもなりうる存在であった。また将軍へ奉公を行ったことから、時に本分家が対立することもあった。本書は、分家の役割、同族としての結合と主従制、支配的権威の創出、幕府との関係など、佐賀藩鍋島家の本分家を多面的に分析し、幕藩体制の権力構造を総合的に解明する。

このページのトップへ

関連書籍

お家相続

お家相続

お家の一大事! 重臣たちの秘策とは?

著者:大森 映子
 
明治期の旧藩主家と社会

明治期の旧藩主家と社会

維新以後の大名華族の歴史的役割に迫る

著者:内山 一幸
 
 
譜代大名の創出と幕藩体制

譜代大名の創出と幕藩体制

創出過程や家臣団組織などを丹念に分析する

著者:小宮山 敏和
 
江戸大名の本家と分家

江戸大名の本家と分家 331

常識をくつがえす武家社会の「お家事情」

著者:野口 朋隆
 
 

このページのトップへ